ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§12  化学工業
I  化学工業の一般的動向と技術的背景
2.  化学工業の技術的再編成

石油化学工業は米国における天然ガスおよび石油精製廃ガスを化学工業原料として利用することから非常な発展をみたものであるが,各国とも原料事情を異にするとはいえ石油化学の発展は戦後の世界的すう勢である。

しかしながらわが国においては技術的な後進性からここにおいても遅れをとる結果となつた。このため石油化学の技術はそのほとんどを技術導入に依存し,これによつて急速にその差を縮める努力がなされた結果,急激な技術革新を招来した。

この石油化学は原料の天然ガス,石油の成分である炭化水素を分解,合成して種々の化学工業基礎原料を産出する。このことは単に新らしい化学工業部門として石油化学が加わつたということに止まらず,次節以下に述べるように既存の化学工業全体の生産方式に大なり小なり影響を及ぼしている。

他方,石油化学製品を原料とする合成樹脂,合成繊維,合成ゴム等は,従来の肥料ないしタール製品と異なり大量消費財の性格をもち,直接最終需要と結びつき,販路と利潤の確保の上からも原料から消費に至るまでの一貫性が要求される。

また石油化学工業は大規模連続生産方式,副産物の総合利用等のため従来のわが国の企業単位をはるかに越えた大規模な総合経営体制や地域的に一体となることを要求される。

このようにして,現在各地に多数形成されつつある石油化学コンビナート(コンビナートの項参照)は,この意味での化学工業の新らしい編成を端的に示すものである。これとともに化学工業と石油精製業,合成樹脂加工業,合成繊維工業との技術的連繋,系列化が強化されつつある。

また,コークス炉ガスおよびタールの利用の拡大にともなう製鉄化学コンビナートの編成も最近のとくに注目される動きである。

また従来の石炭,電力または硫化鉱を中心とするコンビナートは再編成を要求され,アンモニア工業,タール工業等はそれぞれ石油化学ないし製鉄化学等の生産体系の中での副次的部門となりつつある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ