ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§7  水産業
II  水産技術の変化とその方向


最近における「生産量の増加」は,生産面,利用面の技術の進歩によつてもたらされたものであり,これら技術を大別すると,資源調査,漁撈,増養殖および漁獲物の処理加工の4つの種類にわけることができる。以下,これらの技術について述べることとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ