ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§5  農業
I  農業生産力の発展とその技術的要因
3.  機械的分野

最近の動力耕耘機の普及はまさに爆発的である。 表5-7 に示すように,昭和29年から35年にかけて実に10倍弱の増加となつており,まさに都市におけるテレビや洗濯機なみである。耕耘作業の機械化は従来の6〜7馬力の動力耕耘機に対して,近年は2〜3馬力程度の汎用小型耕耘機の進出がめざましい。

耕耘作業の機械化は,単に労力を節約したばかりでなく,稲作労働の配分をある程度平準化し,早植え,早期栽培をも可能にする等,反当収量の安定,増大にも間接的に寄与している。また,オート三輪,オートバイ等の運搬具の普及や小型耕耘機の運搬利用はわが国のように耕地が遠く分散している状況では,生産物の運搬などに効用が大きい。

その他,機械的分野で,土地改良,土壌改良等が稲作生産の増収安定に役立つている。

昭和25〜35年に行なわれた国営19万町歩県営40万町歩のかんがい排水事業をはじめ,農道整備,区画整備,客土等が大面積にわたつて行なわれ,土壌改良については,大型トラクターによる深耕が,県,市町村,農業協同組合等によつて行なわれている。

以上,生物学的分野,科学的分野,機械的分野の3つの技術的基盤から最近の稲作技術の発展,返収増加の要因を述べてきたが,これらの要因が総合化されて増収がもたらされたことはいうまでもない。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ