ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§2  原子力
II  開発利用の現状
1.  研究用原子炉

わが国においては,原子力研究所が中心となつて原子炉の開発をすすめることとし,まず海外から研究用原子炉を輸入し,原子炉技術の習得,運転員の養成をはかる一方,国産の研究炉の建設がすすめられた。昭和32年8月研究用原子炉第1号のJRR-1に,わが国最初の原子の火がともされてから約5年になるが,この間に原子炉の研究開発は急速に進展し,現在わが国における原子炉は,運転中6基,建設中6基,計画中1基,計13基に達している。( 表2-1参照 )

表2-1 わが国の原子炉一覧表

最初に建設されたJRR-1(熱出力50kW)は,基礎的な炉物理の研究および運転訓練にあてられており,臨界後今日まで順調に運転を続けている。これについで,JRR-2(熱出力10MW)は,基礎研究および材料試験の目的32年8月から建設が開始され,完成は予定より約2年遅れ,35年10月臨界に達し,出力上昇とその利用が行なわれている。一方,国産原子炉第1号としてのJRR-3(熱出力10MW)の建設は多くの民間会社の協力によつて34年1月から開始され,工事は順調にすすみ37年夏に臨界が予定されている。JRR-3に続いて,37年度から舶用炉の遮蔽研究を主目的とするJRR-4(熱出力3MW)の建設がすすめられている。また,原子力研究所では軽水型動力炉の建設,運転の経験および性能試験のために,米国GE社から沸騰水型炉を導入し,38年完成を目標に昭和35年10月から建設工事を行なつている。

原子力研究所に設置される原子炉は,一般研究および訓練用から次第に高度の目的の炉に変化しつつある。また,わが国独自の動力炉型の開発をめざして半均質炉および水均質炉の開発研究もすすめられている。これら原子炉の建設費は31年度から36年度までの原子力研究所予算総額246億円のうち,約29%の70億円が充当され,付属施設費および研究費を含めるとさらに大きな割合を占めている。

(株)日立製作所および東京芝浦電気(株)は政府から34,35年度原子力平和利用研究補助金をうけて,研究および教育訓練を目的とするスイミングプール型炉(熱出力100kW)を建設した。

大学における研究用原子炉は,主として一般研究および教育訓練を目的とし比較的低出力である。立教大学および五島育英会(武蔵工業大学)では,TRIGA-II型炉(熱出力100kW)を,近畿大学ではUTR型炉(熱出力0.1W)を設置し,すでに運転に入つている。京都大学に設置される研究用原子炉は,スイミングプール型(熱出力1MW)で,現在その建設が進められている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ