ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§I  新科学領域
V  原子核の研究
1.  粒子の加速とその利用

物を調べるのに光をあてて見るように,原子核を研究するためには,荷電粒子を高速に加速して核に衝突させて見なければならない。粒子の加速はエネルギーで示し,1ボルトの電圧のもとで電子を加速した時のエネルギーeV(エレクトロンボルト)を単位とし,KeV(キロエレクトロンボルト,103 eV)MeV(メガエレクトロンボルト,103 eV)GeV(ギガエレクトロンボルト,109 eV米国ではビリオンエレクロンボルトBeVと書く)などであらわす。

図1-9 は各加速エネルギーとそこで起る現象および利用の状況を示したものである。

荷電粒子を加速するには表1-9のような装置があり,世界における高エネルギー陽子加速器の現状は 図1-10 におけるとおりである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ