ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第II部  科学技術発展の基盤
第4章  行政制度および行政体制

最近における科学技術の進展の速度は実にめざましく,こんにちの1年の遅れは,戦前の10年にも相当する。科学技術のうえで他国の水準を抜くことは,経済競争にうち勝つて行くために不可欠の条件であるばかりでなく,世界の外交政治の面からも国の威信と国力の象徴と考えられて重要視されている。そのため世界各国とも国をあげて科学技術の振興に努力を傾注している。そしてここ数年間,そのための総合行政体制を整備することが世界的風潮となつている。

ここでは,わが国の科学技術行政が,諸制度の整備を通じて,どのように展開されたか,またそれら各種施策を推進するための行政体制はどのように整えられたかを見るとともに,先進諸国における行政の概要を検討して他山の石としよう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ