ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   部門別に見た技術の動向
第12章  医療衛生部門
4  公衆衛生


わが国の公衆衛生は,まず急性伝染病の防疫活動を中心としてはじめられ,ひきつづき結核予防に重点がおかれた結果,これらの予防衛生の面に比して,環境衛生,労働衛生の面にはいささか立遅れの感があった。しかし,最近にあってはこの遅れをとり戻すため,国民1人1人に対する衛生知識の普及徹底をはかるとともに,中央地方を通じての公衆衛生対策がより科学的に,より専門技術的に推進されようとしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ