ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   部門別に見た技術の動向
第10章  運輸
5  航空輸送
(2)  航空保安施設の高能力化

航空禁止の空白期間にも,航空保安施設はわが国で主として施設整備したのであり,再建を容易にしたのは,これら施設の整備によるところがであり,国産機材による運営もこれら施設からはじまり,航空照明施設のごときは運輸省航空局で十分な研究の結果開発された。

また,航空無線施設もレーダーの研究が進められ,航空大学校のGCAのような高能力な全天候施設も国産に成功したが,これも航空局の努力によるものである。

国産GCA

ILS1,TACANなども国産可能な研究開発がなされ,飛行試験によ本性能解析が要望されその実施も近くなった。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ