ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   部門別に見た技術の動向
第9章  繊維工業

わが国の資本主義経済の発展過程において,早期に生産様式の近代化を行い輸出の大宗として経済発展の中核的役割を果してきた繊維工業においては,戦時中の疲弊をとりもどし,輸出産業としての基盤強化のため,戦後その急速な回復がはかられてきた。それは戦後の経済再建構想においては,重工業,化学工業を中心とする産業構造の高度化がはかられているが,その過程において,必需輸入物資の見返り品生産を繊維工業にもとめたからである。しかし,ナイロンの進出による生糸の優位性の喪失,後進綿業国の擡頭,世界的な化繊需要の増大による綿製品市場の狭隘化など,戦後の海外繊維需要の変化がいちじるしいため,わが国の繊維工業は,単に戦前の状態へ復帰するだけでなく,企業合理化,製品の高級化,化学繊維,合成繊維原料の自給化などの問題を解決しなければならない立場におかれるにいたった。この要請にこたえることが,わが国の繊維技術に与えられた直接の課題であるが,とれをめぐる問題として,中小企業問題,過剰設備の問題があり,早急な解決がのぞまれている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ