ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   部門別に見た技術の動向
第6章  機械工業
4  わが国機械工業技術の現状と問題点

戦後,全産業にわたって技術革新といわれる経済上,技術上の飛躍的発展が世界的にみられた。この間機械工業は技術的には,前節で述べたような設計,材料,加工など全面にわたるいちじるしい進歩を示し,耐久消費財工業としても資本財工業としても,全産業の技術的中核としての地位を急速に高めできた。

わが国機械工業にもこの傾向は明らかに見ることができる。全産業生産においても,輸出においても機械製品の占める比率は逐年高まってきており,技術的にも全般的には世界のすう勢に大きなへだたりなく追しょうしているということができる。しかしわが国機械工業はその技術の進歩に対する強い要請と,技術の進歩を阻害する諸条件とのなかで成長してきたため,全般を通じて部門間にも,完成機械工業と部品工業との間にも,また設計,材料,加工およびその他の技術の間でも,技術の水準に多くのアンバランスがみられる。以下わが国機械工業技術の現状を主要部門について概観し,問題の所在を考えてみる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ