ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   部門別に見た技術の動向
第4章  電力事業
9  電力通信および給電設備
(2)  給電設備

近年テレメーター装置の拡充とともに,周波数自動制御装置が実用化されるようになった。

さらに電力需給のバランスが確保されるにともなって,電力の経済運用に関心が高まり,損失方程式の検討に関する研究がさかんになり,経済負荷配分計算器の設置もはかられている。

また各型の交流計算器が相ついで設置され,送電系統の計画および運用に活躍している。

電気試験所においては安定度計算器を完成したが,実用規模のものとしては世界最初のものである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ