ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術発展の基盤
第7章  普及活動

科学技術の普及は,1つには,高度の科学技術が生産部門で実際化されかっ広くゆきわたることを指し,1つには,国民の間に,科学的な生活様式,思考様式が厚く深く入ってゆくことを意味している。生産部門の個々の企業が高度の技術を駆使し,多くの国民が科学的な行動をとるとき,わが国全体の技術水準,科学水準が高いものとなる。そこで生産活動への技術の普及と,日常生活への科学的様式の普及との2面にわたり,第1部第3章の「技術の適用と普及」,「国民への科学教育」との関連のもとに,具体的な普及上の問題,普及活動の現状,今後の課題を検討してみよう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ