ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術発展の基盤
第1章  研究活動
9  今後の問題点
(4)  研究に対するサービスの強化


研究者の着想を具体化するための研究における各種サービスの必要性が,ますます高まっている。ぼう大な研究情報を整理し,必要に応じて研究者に提供する情報関係,複雑で多くの労力を要する計算のために自動計算機等による計算関係,高級科学機械,たとえば電子顕微鏡,核磁気共鳴装置や質量分析計等による測定分析関係,その他必要な試作機を提供する工作関係および事務部門関係等の各種のサービスが円滑に行われることが,研究の能率を支配する大きな要素である。わが国の研究機関におけるこの種のサービスは,諸外国に比較してきわめて劣っており,研究者の能力発揮を妨げている。

また研究所においては,研究補助者やサービス部門の委員に有能な人材を確保するため待遇の改善その他の措置を講ずることを考慮せねばならない。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ