ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術発展の基盤
第1章  研究活動
6  公益法人研究機関


科学技術の公益法人研究機関の状況は 図2.16 , 図2.17 のとおりである。その学問別状況は 図2.17 に示されるが,理学,工学,医学,農学の順である,理学は全国総数との比も高く重要な地位をしめている。

公益法人の研究機関は,概して設立の目的によっていろいろ研究業務の役割が異っている。これらの特徴的なものを若干あげてみよう。

産業界の同業種の企業により後援され,そのための共同研究を行う研究機関がある。たとえば基幹産業における電力,石炭や機械工業における溶接,そのほか罐詰業,乳製品業等にこれらの研究機関がある。

民間団体の寄付により運営されている理学,医学に関する研究機関があり,基礎研究を実施している。これらの研究機関は国家の補助をうけているものも多い。公営事業に関して営まれている研究機関,たとえば日本放送協会技術研究所等もある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ