令和3年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」における新規採択課題の公募開始に関するお知らせ ~課題解決型廃炉研究プログラム~

令和3年3月16日

 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業の令和3年度新規採択課題について、日本原子力研究開発機構が3月16日から公募実施中ですので、お知らせします。

1. 事業概要

  文部科学省では、平成27年度から「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業(以下「英知事業」という。)」を実施しています。この事業は、国内外の英知を機関や分野の壁を越えて融合・連携させることにより、東京電力ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所の廃炉現場の課題解決に資する基礎的・基盤的研究及び人材育成を推進するものです。

2. 公募概要

○課題解決型廃炉研究プログラム

 東京電力福島第一原子力発電所廃炉を着実に進展させるためのニーズに基づいた研究開発の推進により課題解決を目指すため、日本原子力研究開発機構が現場のニーズ、6つの重要研究開発課題、大学等が有する研究シーズ等を俯瞰的に分析して作成した「基礎・基盤研究の全体マップ」の中で、基礎基盤研究の追求により課題解決につながると評価された課題の解決に資する提案を募集します。

・採択予定件数:7件程度(※)
・研究期間:3年以内
・1課題当たり年間研究経費(間接経費を含む):4,000万円以内(※)

(※)令和3年度予算案の成立を前提としたものであり、採択予定件数や金額等は今後変更する可能性があります。

3. スケジュール

○提案書類受付期限

 令和3年3月16日(火曜日)~ 令和3年5月17日(月曜日) 17時00分(厳守)
 (府省共通研究開発管理システム(e-rad)を通じて、応募してください。

○募集説明会

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインによる募集説明会を3月24日(水)に開催します。さらに、募集内容のオンデマンド配信も3月30日(火)以降に行います。なお、本説明会へ出席しなくても応募は可能です。

○課題審査(書類審査、ヒアリング審査)

 令和3年5月~7月(予定)

○事業開始

 令和3年9月以降(予定)

4.募集要項

 以下のホームページから募集要項等の関連資料を入手し、詳細をご確認下さい。
  公募情報(※日本原子力開発機構 廃炉環境国際共同研究センターページへ)

お問合せ先

研究開発局 原子力課 福島廃炉研究開発推進室(03-6734-4571)