「データ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクトの本格実施機関」の公募について

令和4年4月18日


文部科学省では、このたび「データ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト」の本格実施について、下記のとおり実施機関の公募を開始いたしましたのでお知らせいたします。

1.公募期間

令和4年4月18日(月曜日)~令和4年5月31日(火曜日)17時00分

2. 事業の趣旨

 現在、我が国が世界に誇る計算基盤や研究データベース、先端共用施設群や大型研究施設等のポテンシャルと強みを相乗的に活かし、世界を先導する価値創造の核となる「研究DXプラットフォーム」を構築するにあたり、幅広い課題解決に貢献するマテリアル分野をユースケースとし、1.データ創出から、2.データ統合・管理、3.データ利活用まで、一気通貫した研究のDXを推進しています。
 このため、文部科学省では、マテリアルDXプラットフォーム構想下で、マテリアル・イノベーション創出を加速するとともに、データを有効に活用して、迅速に社会実装につなげることができるモデルの確立と、その全国の産学への展開を目指す「データ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト事業」を開始します。
 本事業では、従来の試行錯誤型の研究にデータサイエンス的手法を取り入れたデータ駆動型の先進的な研究手法を開発し実践することで、10年先の社会像・産業像を見据え、カーボンニュートラルの実現、Society5.0の実現、レジリエンス国家の実現、Well-Being社会に重要な役割を果たす革新的な機能を有するマテリアルを効率的に創出することを目的とします。

3. スケジュール

実施機関の公募開始から事業開始までのスケジュールはおおむね次のようになる予定です。

  • 公募開始    :令和4年4月18日(月曜日)
  • 公募説明会   :令和4年4月27日(水曜日) 13時00分~15時00分(予定)
  • 公募締切    :令和4年5月31日(火曜日) 17時00分(必着)
  • 審査       :令和4年6月(予定)
  • 審査結果通知 :令和4年7月上旬(予定)
  • 事業開始    :令和4年8月(予定)

4. 公募説明会

 公募説明会を、4月27日(水曜日)13時00分からWeb会議システムを活用して実施する予定です。出席を希望する場合は、4月25日(月曜日)10時00分(必着)までに、出席者の氏名、所属、電話番号、メールアドレスを、nanozai@mext.go.jpまで電子メールにて以下の件名で連絡してください。なお、公募説明会に出席しない場合でも、本事業への提案は可能です。

件名:「データ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト事業公募説明会申し込み」

公募説明会は終了しました。内容については、下記の動画(YouTube)および公募説明会資料をご参照ください。

・公募説明会(YouTube 文部科学省/mextchannel)
・公募説明会資料 (PDF:2.0MB) PDF

5. Q&A

・Q&A集 (2022年5月19日時点)(PDF:239KB) PDF

6. 公募要領等

公募要領等の詳細については下記を御覧ください。
申請書類は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)を通して提出期限内までに提出してください。郵送・持参・FAXによる申請書類の提出は受け付けません。

お問合せ先

研究振興局 参事官(ナノテクノロジー・物質・材料担当)付
メールアドレス:nanozai@mext.go.jp

(研究振興局 参事官(ナノテクノロジー・物質・材料担当)付)