ここからサイトの主なメニューです

令和元年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰・表彰式

12月2日(月曜日)
教育

文部科学省では、地域と学校が連携・協働して、社会総がかりで子供達の成長を支えるため、「地域学校協働活動」を推進しており、平成23年度から、他の地域の模範となるような素晴らしい活動に対して文部科学大臣表彰を行っています。

今年度は、幅広い地域住民等の参画を得て効果的な運営が行われていたり、地域の教育環境の改善・充実に効果を上げていたりと、他の模範となる取組をされている100団体が受賞されました。

12月2日に表彰式を執り行い、受賞団体を代表して福岡県春日市の春日小学校地域学校協働本部の春日市立春日小学校 福島隆幸校長に青山大臣政務官から表彰状を授与しました。

また、岡山県早島町の早島町地域学校協働本部から早島町教育委員会の徳山順子教育長が受賞団体を代表して挨拶されました。
 徳山教育長は、町民全体で目指す子ども像を共有するため、「早島町学校教育ビジョン」を策定し、はやしま学を創設して進めている地域学校協働活動について紹介されるとともに、
「今回ともに受賞された諸団体をはじめ、全国で活躍されている多くの方々と連携・情報交換することを通して、これからもグローカルな視点で、子どもたちの社会性を育てる活動に力を注いでいきたいと考えています」
と話されました。

全団体への表彰状伝達後には、「地域と学校で目標・授業をデザインする」をテーマとしたシンポジウムも開催し、事例発表が行われました。

受賞団体代表へ表彰状授与

青山大臣政務官祝辞

受賞団体代表挨拶

受賞団体全員へ表彰状伝達

受賞団体全員へ表彰状伝達