ここからサイトの主なメニューです

文部科学省ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

1.ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ 等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。(総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」より)
ウェブ アクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2016(以下「JIS X 8341-3:2016」という。)が平成28年に改正公示され、これに伴い改定された総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」により、国及び地方公共団体等の公的機関に対しJIS X 8341-3:2016 に対応したホームページとするための取組みが求められています。
文部科学省では、下記のとおりウェブアクセシビリティ方針を策定し、誰もが負担なく情報を取得できる文部科学省ホームページを目指してまいります。

2.文部科学省ホームページウェブアクセシビリティ方針

文部科学省ホームページは、JIS X 8341-3:2016 に基づき、ウェブアクセシビリティ向上を目指してレベルAAに一部準拠することを目標とします。また、その他のウェブページは、レベルAAに配慮いたします。
※準拠とは
この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン2016年3月版」で定められた表記によるものです。

(1)対象範囲

文部科学省ホームページならびにスポーツ庁ホームページ(www.mext.go.jpドメインで提供するコンテンツ)のうちCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で作成し管理するウェブページ

(2)目標とする適合レベル

JIS X 8341-3:2016 のウェブアクセシビリティ適合レベルAAに準拠

(3)例外事項

外部サービスを使用しているサイト内検索
外部より提供を受けているサービスや画像等
※動画やSNSなどの埋め込みコンテンツを含みます。

3.文部科学省ホームページの取組

文部科学省ホームページでは、誰もが負担なく情報を取得できるよう、JIS X 8341-3:2016 に基づき、アクセシビリティを継続的に向上していけるように努めています。
平成20年度よりウェブアクセシビリティに関する職員研修を継続して実施するととともに、平成21年度にはJISⅩ8341-3 の改正原案に基づき、職員に対するウェブアクセシビリティの解説書等を整備しました。また、平成23年度に文部科学省ホームページのJISⅩ8341-3:2010 への対応状況に関する調査を行い、平成24年度より問題点の改善に着手しています。
下記のとおりウェブアクセシビリティ方針を策定し、誰もが負担なく情報を取得できる文部科学省ホームページを目指してまいります。

4.ウェブアクセシビリティ取組み状況

(1)現在の対応状況

令和2年1月に主要70ページに対してJIS X 8341-3:2016 に基づいた試験を実施しました。

(2)試験結果

ウェブアクセシビリティ試験結果を参照

(3)適合性評価で把握した主な問題点

適合性評価の結果、以下の問題が確認されていますので、御利用に際して御注意願います。御利用に際して支障がありましたら、以下のお問合せ先からお願いします。
文部科学省は、これらの問題について、順次改善を行っていく予定です。

  • アクセシビリティ未対応のPDFがありますので御注意ください。
  • 一部の収録済みの音声コンテンツ及び映像コンテンツについては、キャプション、代替コンテンツ又は音声ガイドがありませんので御注意ください。

お問合せ先

大臣官房総務課広報室