ここからサイトの主なメニューです

家庭や地域社会では・・・

 完全学校週5日制が子どもたちにとって、本当に有意義なものとなるためには、家庭や地域の教育力の充実が必要です。
 家庭や地域社会では、学校とともに、豊富な生活体験、社会奉仕体験、自然体験などを経験させ、子どもたちに豊かな心やたくましさなどの「生きる力」をはぐくんでいきましょう。

  家庭では家族のふれあいを大切にしましょう。
   家庭では、社会で生活していく上で大切なことを、家族のふれあいを通してきちんと身につけさせることがとても重要です。そして、子どもたちに対して十分な愛情と慈しみの心をもって正面から向き合い、子どもたちとともに成長していこうという姿勢を大切にしましょう。また、日頃から週末の過ごし方について、子どもたちと話し合ってみましょう。親子や地域の人たちと楽しめる活動や子どもたちだけで活動できる様々な機会や場が見つかるでしょう。

子どもは地域で育てましょう。
   地域の人たちとのふれあいが多い子どもほど地域活動への関心や日常生活への充足感が高い傾向が見られます。このため、地域では、子どもたちがのびのびと遊べる場づくりや様々な人々との多様な交流活動や親子で参加できる様々な活動の機会や場を提供したり、指導者やボランティアとして、積極的に子どもたちと関わりながら地域ぐるみで子どもを育てていく意識を高めていきましょう。
   


 

-- 登録:平成21年以前 --