ここからサイトの主なメニューです

「これからの図書館の在り方検討協力者会議」設置要綱

平成17年4月18日
生涯学習政策局長決定

1  趣旨
   図書館は,人々の生涯学習の場として,学習活動の振興と文化の発展のために幅広い活動を通して,社会の発展に大きく寄与してきたところである。人々の学習目的や学習要求がますます多様化・高度化していること,及び時代の進展・変化に伴う新たな社会の要請に対応して,今後より一層積極的な役割を果たすことが求められている。
 このため,今日の図書館の現状や課題を把握・分析し,生涯学習社会における図書館の在り方について調査・検討を行う「これからの図書館の在り方検討協力者会議」を設ける。

2  調査研究事項
 
(1)  図書館の現状と課題等について
(2)  21世紀の図書館に求められる機能について
 
ア)  高度化・多様化する地域住民の要求への対応
イ)  社会の変化に伴う新たな要請への対応
ウ)  社会教育施設として備えるべき機能
(3)  社会の変化に対応した図書館の在り方について
(4)  図書館に必要とされる司書の在り方について
(5)  その他

3  実施方法
    別紙の者の協力を得て、上記2に掲げる事項について検討を行うものとする。
 なお、必要に応じ,本協力者会議以外の者の協力を得ることができるものとする。

4  実施期間
   平成17年4月18日から平成18年3月31日までとする。

5  その他
   この協力者会議の庶務は、生涯学習政策局社会教育課において処理する。



<別紙>

赤堀 侃司   東京工業大学大学院社会理工学研究科教授

糸賀 雅児   慶應義塾大学文学部教授

川田 明良   全国公共図書館協議会事務局長

小林 路子   市川市教育委員会教育センター指導主事

齋藤 明彦   鳥取県自治研修所長(前鳥取県立図書館長)

鈴木 眞理   東京大学大学院教育学研究科助教授

田村 孝子   NHK解説委員

常世田 良   前浦安市教育委員会生涯学習部次長

根本 彰   東京大学大学院教育学研究科教授

松岡 要   日本図書館協会常務理事・事務局長

薬袋 秀樹   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科教授

村田 夏子   和洋女子大学人文学部発達科学科助教授

山口 和人   国立国会図書館総務部支部図書館・協力課長


(生涯学習政策局社会教育課)

 

-- 登録:平成21年以前 --