ここからサイトの主なメニューです

廃校リニューアル50選-2.深川市ぬくもりの里芸術文化交流施設向陽館

2.深川市ぬくもりの里芸術文化交流施設向陽館
概要
用途: 展示室(ギャラリー)及び研修室
廃校理由: 過疎化による人口減少
廃校年: 平成5年
旧学校名: 向陽小学校

建物
構造: 木造1階建て
建築面積: 1,940平方メートル
延床面積: 1,940平方メートル

財源
整備: 地方公共団体の一般財源、起債、北海道企業局発電所等所在市町村等支援事業(北海道)
運営維持管理:地方公共団体の一般財源

運営主体
名称: 深川市
形態: 委託

運営状況
主な利用者: 行政区外の住民
利用者数: 9,500人/年

調査担当者のコメント
●本事業は、深川市の「ライスランド構想」で掲げられた4つの里づくり(「はぐくみの里、ぬくもりの里、いざないの里、ふれあいの里)のひとつとして、学校施設という地域資源を活用した事例である。
●昭和10年に、地元建築家である石井喜助氏が設計した建物を保存・活用している。

管理者から一言
●本施設は国道12号線沿いにあり、立地条件も良く、市内外からの乗用車によるアクセスが容易であることから、今後の利用者の増加も見込まれており、またアトリエも併設されていることから創作活動のみならず地域の絵画等の研修施設としての活用も図られ、旧校舎を保存したことにより、地域の方々のみならず来外者からも本施設は親しまれている。
場所・連絡先 住所: 北海道深川市音江町字向陽82番地3
アクセス: JR函館本線深川駅から車で10分
Tel/Fax: 0164-26-2343/0164-22-2878
○風景と調和した建物外観
風景と調和した建物外観
○廊下も展示スペースとして利用 ○教室をギャラリーとして活用
廊下も展示スペースとして利用
教室をギャラリーとして活用
○深川市「ライスランド構想」のイメージと「ぬくもりの里」としての施設(パンフレットより抜粋) ○大空間を活用した展示を行っている。
深川市「ライスランド構想」のイメージと「ぬくもりの里」としての施設
大空間を活用した展示を行っている。