ここからサイトの主なメニューです

平成15年度公立学校施設整備費予算の概要

文部科学省初等中等教育局施設助成課

  公立学校施設については、小中学校建物の43%(昭和56年以前の建物の65%)に耐震上問題があると推計されるなど、耐震化への取り組みが非常に遅れており、かつ経年による老朽化も進んでいることから、これら建物の耐震補強や改築等を重点的に推進していくことが急務となっている。
  このため、平成15年度予算においては、厳しい財政状況の中ではあるが、学校施設の耐震化及び老朽化対策に資する事業を中心として、対前年度比50億円増の1,452億円を計上し、必要事業量の確保を図る。
  また、たくましく心豊かな児童生徒を育成するための「木の教育環境整備事業」への再編や、新増改築等の際の空調工事(夜間電力活用型等)の補助対象経費化等所要の制度改正を行う。


  予算額・事業量
◎予算額   145,245百万円(前年度140,245百万円   →    5,000百万円増)
      【うち耐震関連分】
               107,739百万円(前年度   93,002百万円   →   14,737百万円増)
◎事業量   1,382千m2   (前年度   1,217千m2   →   165千m2増)

  建築単価
       小中学校校舎(鉄筋コンクリート造)163,200円/m2(△2.4%減)

  制度改正
(1) 木の教育環境整備事業への再編
   たくましく心豊かな児童生徒を育成するための、「木の研修交流施設整備事業」が、平成14年度限りで期限切れとなるが、我が国の伝統的な建築材料である木材を活用した温かみと潤いのある教育環境の整備を引き続き促進していく必要があることから、「木の教育環境整備事業」として、事業内容を再編し、補助年限を平成19年度まで延長する。

(2) 学校施設整備における夜間電力活用型等の空調工事の補助対象経費化
   近年の高温化・都市部におけるヒートアイランド現象等に鑑み、新増改築や全面改造等を実施する際の空調整備工事を、普通教室等についても新たに補助対象とする。
   なお、空調の型式としては、夜間電力活用型(蓄熱式)やガス冷暖房式等を対象とすることとし、環境への負荷の抑制に努めることとする。


-- 登録:平成21年以前 --