幼児教育推進体制を活用した地域の幼児教育の質向上強化事業

幼児教育推進体制を活用した地域の幼児教育の質向上強化事業 

事業の趣旨

 幼児期の教育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり、この時期に質の高い幼児教育が提供されることは極めて重要である。現状において、地方公共団体における幼児教育推進体制については、各地域において幼児教育推進体制の構築、整備が図られてきたが、今後はそれらの知見も踏まえつつ、より地域の幼児教育に関する課題に的確に対応するための活用支援を強化する必要がある。
   この交付金は、幼児教育の推進体制について一定の要件を満たす都道府県又は市(区)町村が、幼児教育アドバイザーの配置及びそれらを活用した研修支援や幼保小接続の推進等の事業を行う場合、その経費の一部を補助し、もって公私立幼稚園・保育所・認定こども園に対して一体的に域内全体の幼児教育の質の向上を図ることを目的とする。

※ 幼児教育アドバイザーとは、幼児教育の専門的な知見や豊富な実践経験を有し、域内の幼児教育施設等への訪問支援等を通じて、教育内容や指導方法、環境の改善等について助言等を行う者を指す。委嘱に当たっては、各地域において、幼児教育施設等における一定の職務経験や研修履歴等を踏まえて選考される必要があり、保育実践に関する専門性を有する者のほか、幼児教育施設における公衆衛生や危機管理、児童心理、特別支援教育、栄養管理等について専門性を有する者の活用も考えられる。
 

交付対象事業

 1. 幼児教育アドバイザーの配置・育成など、体制の充実

 2. 研修支援・巡回訪問、幼保小接続の推進など、体制の活用
   人材育成方針の更新(作成等)・活用

 3. 都道府県・市(区)町村の連携を含めた域内全体の質向上を図るための仕組み作り

交付先一覧

幼児教育推進体制未実施地域の整備促進策に関する実証研究

事業の趣旨

 幼児期の教育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり、この時期に質の高い幼児教育が提供されることは極めて重要である。現状において、地方公共団体における幼児教育の推進体制については、各地域において幼児教育推進体制の構築、整備が図られてきたが、地域によってその取組の状況には差がある。今後、全国的に取組を拡大していくためには、幼児教育推進体制が未実施の地域において、何が課題となっており、どのように解消していくかについて明らかにするとともに、都道府県・市町村が連携した体制構築の在り方等のモデル事例を整理する必要がある。
    このため、幼児教育推進体制未実施地域が円滑に幼児教育推進体制を構築・実施できるよう、地域の幼児教育の拠点となる「幼児教育センター」設置等のための検討委員会の設置、幼児教育アドバイザーの試行配置等の実証研究を行うことで、地域における幼児教育推進体制の整備促進につなげていくこととしたい。
 

事業内容

   1. 幼児教育推進体制の構築・整備に向けた検討

   2. 幼児教育アドバイザーの配置・育成に関する検討

   3. その他、幼児教育の質の向上を図るために幼児教育推進体制を活用した取組に関する検討  

   

 委託先一覧 

お問合せ先

初等中等教育局幼児教育課

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。