ここからサイトの主なメニューです

第1節 国語

第1款 目標

 国語を的確に理解し適切に表現する能力を身に付けさせるとともに、思考力を伸ばし心情を豊かにし、言語感覚を磨き、言語文化に対する関心を深め、国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

第2款 各科目

第1 国語

1 目標

 国語を的確に理解し適切に表現する能力を養うとともに、思考力を伸ばし心情を豊かにし、言語感覚を磨き、言語文化に対する関心を深め、国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

2 内容

A 表現

 次の事項について指導する。
 ア 目的や場に応じて話題や題材を選び、自分の考えをまとめること。
 イ 主題や論旨が明確になるように構成を工夫して話したり書いたりすること。
 ウ 対象を的確に表す語句を選び、文脈に即して用いること。
 エ 事実と意見、説明と描写の区別などに注意し、筋道を立てて話したり書いたりすること。
 オ 目的に応じて適切な形式や文体を工夫し、話や文章をよりよく整えること。
 カ 優れた表現に接してその条件を考え、自分の表現に役立てること。
 キ 目的や場に応じて効果的に話したり朗読したりすること。

B 理解

 次の事項について指導する。
 ア 話や文章の主題や要旨を叙述に即して的確にとらえること。
 イ 話や文章の構成や展開に注意して、話し手や書き手の考えの進め方や強調点をとらえること。
 ウ 話や文章の内容を必要に応じて要約したり詳述したりすること。
 エ 文章に描かれた人物、情景、心情などを表現しに即して読み味わうこと。
 オ 話を聞いたり文章を読んだりしてものの見方、感じ方、考え方を広くし、人間、社会、自然などについて考えを深めること。
 カ 文章の内容や形態に応じた表現上の特色、文体の特徴などに注意して読むこと。

[言語事項]

 国語の表現と理解に役立てるため、次の事項について指導する。
 ア 文章や文の組立て、語句の働き、表記の仕方などを理解すること。
 イ 文語のきまり、訓読のきまりなどを理解すること。
 ウ 語句の意味、用法などを理解し、語彙を豊かにすること。
 エ 常用漢字の読みに慣れ、主な常用漢字が書けるようになること。
 オ 言語の役割、国語の特質などを理解すること。

3 内容の取扱い

(1)総合的な国語力を養うため、内容のA、B及び[言語事項]について相互に密接な関連を図りながら、生徒の発達段階に応じて適切な学習活動を組織し、効果的に指導するようにする。

(2)内容のAの指導に当たっては、次の事項に配慮するものとする。
 ア 作文の指導には1単位程度を配当するものとし、生徒の表現力をできるだけ伸ばすようにすること。
 イ 話し方や話合いの学習を充実させるようにすること。
 ウ 情報を収集し、活用する能力を身に付けさせること。

(3)内容のBの指導に当たっては、次の事項に配慮するものとする。
 ア 古典と近代以降の文章との授業時数の割合は、おおむね同等とすることを目安として生徒の実態に応じて適切に定めること。なお、古典における古文と漢文との割合は、一方だけに偏らないようにすること。
 イ 話をよく聞き取る能力や態度を身に付けさせること。
 ウ 文章の読解、鑑賞を深めるため、音読や朗読などを取り入れること。
 エ 文章の読解、鑑賞に当たっても話したり書いたりする機会をできるだけ設け、表現力、理解力の向上に役立つようにすること。
 オ 読書力を伸ばし、読書の習慣を養うこと。
 カ 情報を選択し、整理する能力を身に付けさせること。

(4)内容の[言語事項]の指導に当たっては、次の事項に配慮するものとする。
 ア 中学校の指導の上に立って、内容のA及びBの指導の中で深めること。
 イ イについては、文章の読解に即して行う程度とすること。なお、口語のきまり、言葉遣い、敬語の用法などについても、必要に応じて扱うこと。

(5)教材は、古典及び近代以降の文章の中から生徒の発達段階に即して、適切な話題や題材を精選して取り上げるものとする。その際には、表現力と理解力とを偏りなく育てることをねらいとしながら、次のような観点に配慮する必要がある。
 ア 言語文化に対する関心や理解を深め、国語を尊重する態度を育てるのに役立つこと。
 イ 思考力を伸ばし心情を豊かにし、言語感覚を磨くのに役立つこと。
 ウ 公正かつ適切に判断する能力や創造的精神を養うのに役立つこと。
 エ 科学的、論理的な見方や考え方を養うのに役立つこと。
 オ 生活や人生について考えを深め、人間性を豊かにし、たくましく生きる意志を培うのに役立つこと。
 カ 人間、社会、自然などに広く目を向け、考えを深めるのに役立つこと。
 キ 我が国の文化と伝統に対する関心や理解を深め、それらを尊重する態度を育てるのに役立つこと。
 ク 広い視野から国際理解を深め、日本人としての自覚をもち、国際協調の精神を高めるのに役立つこと。

第2 国語Ⅱ

1 目標

 国語を的確に理解し適切に表現する能力を高めるとともに、思考力を伸ばし心情を豊かにし、言語感覚を磨き、言語文化に対する関心を深め、国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

2 内容

 1の目標に基づき、「国語I」の内容に示す事項について指導する。

3 内容の取扱い

(1)「国語Ⅰ」との関連を重視しながら「国語Ⅰ」の内容に更に習熟させ、総合的な国語力を一層高めるよう指導するものとする。その際、「国語Ⅰ」の「3  内容の取扱い」と同様に取り扱うものとする。

(2)教材は、「国語Ⅰ」の教材の程度を高めたもので、生徒の発達段階に即した適切なものを取り上げるようにする。

第3 国語表現

1 目標

 国語で適切にまた効果的に表現する能力を高めるとともに、思考力を伸ばし言語感覚を磨き、進んで表現することによって生活を充実させる態度を育てる。

2 内容

 次の事項について指導する。
 ア 適切な話題や題材を取り上げ、それについて情報を収集、整理し、自分の考えを深めて、主題や論旨を明確にすること。
 イ 観察、調査などに基づいて、事実、状況などを正確に説明したり記録や報告にまとめたりすること。
 ウ 構想に従って材料を整理し、意見、主張などを筋道を立てて話したり書いたりすること。
 エ 対象を的確にとらえ表現を工夫して、感想、感動などが生き生きと伝わるように話したり書いたりすること。
 オ 相手や目的に応じた形式や文体を整えて、通信、伝達などの文章を書くこと。
 カ 優れた表現について主題、要旨、構成、修辞などを吟味し、自分の表現や推敲に役立てること。

3 内容の取扱い

(1)作文と話し方の指導は、相互の関連を図りながら効果的に行うようにし、話し方の指導には生徒の実態に応じて適切な授業時数を配当するようにする。

(2)話し方の指導については、様々な目的や場に応じた話し方を身に付けさせるようにするとともに、発表、対話、討議などを適宜取り入れるようにする。

(3)生徒の文章力を伸ばすため、文章を書く機会を多く設けるとともに、文章研究を十分に活用するようにする。

(4)教材は、書くこと話すことの学習活動に役立つもので、特に論理的思考力を伸ばすのに役立つものを取り上げるようにする。

第4 現代文

1 目標

 近代以降の優れた文章や作品を読解し鑑賞する能力を高めるとともに、ものの見方、感じ方、考え方を深め、進んで表現し読書することによって人生を豊かにする態度を育てる。

2 内容

 次の事項について指導する。
 ア 論理的な文章について、主要な論点と従属的な論点との関係を考え、論理の展開や要旨を的確にとらえること。
 イ 文学的な文章について、主題、構成、叙述などを確かめ、人物、情景、心情などを的確にとらえること。
 ウ 目的や内容に応じた様々な読み方を通して、文章の読解、鑑賞を深め、人間、社会、自然などについて自分の考えを深めたり発展させたりすること。
 エ 文体、修辞などと内容との関係を考え、表現上の特色をとらえること。
 オ 語句の意味、用法を的確に理解し、語彙を豊かにすること。
 カ 文章や作品を読んで要約したり、感想をまとめたり、自分の考えを筋道を立てて話したり書いたりすること。

3 内容の取扱い

(1)文章の読解、鑑賞に当たっても、話したり書いたりする機会をできるだけ設けるとともに、聞くことについても指導するようにする。

(2)生徒の読書意欲を喚起し、読書力を高めるよう配慮する。

(3)近代の文章や文学の変遷については、作品の読解、鑑賞の参考になる程度とする。

(4)教材は、近代以降の文章や作品とし、ある程度まとまったものを主として取り上げるようにする。なお、翻訳作品や近代以降の文語文も含めるようにする。

第5 現代語

1 目標

 国語を的確に理解し適切に表現するために必要な知識、技能を身に付けさせるとともに、言語に対する関心を高め、現代の国語の向上を図る態度を育てる。

2 内容

 次の事項について指導する。
 ア 話し言葉の特質を理解し、様々な目的や場に応じた話し方や言葉遣いを身に付けること。
 イ 適切な発声、発音、抑揚、強弱、話す速度などを考えて、効果的に話すこと。
 ウ 文章や文の組立て、語句の働き、表記の仕方などを身に付けるうこと。
 エ 語句の意味、用法を身に付け、語彙を豊かにすること。
 オ 漢字や漢語の特質を理解し、常用漢字の読み書きに慣れること。
 カ 現代の国語の成り立ちや特質、言語の役割などについて理解を深めること。

3 内容の取扱い

(1)知識の習得に偏ることなく、調査、報告、討論など生徒の活動する機会を適宜設けるようにする。

(2)日常の言語活動の向上に役立つ学習活動を適宜取り入れるようにする。

(3)様々な指導の機会を通して、聞くことに関する学習も深めるようにする。

(4)教材は、文字や言語に関する学習活動に役立つもの、現代の国語の理解に役立つもの、国際的な視野から現代の国語を考えさせるのに役立つものを取り上げるようにする。

第6 古典Ⅰ

1 目標

 古典としての古文と漢文を読解し鑑賞する能力を養うとともに、ものの見方、感じ方、考え方を広くし、古典に親しむことによって人生を豊かにする態度を育てる。

2 内容

 次の事項について指導する。
 ア 古文や漢文に用いられている語句の意味、用法及び文の構造を理解すること。
 イ 文章の構成や展開に即して、主題や要旨を的確にとらえること。
 ウ 文章や作品に表れた人間、社会、自然などに対する思考や感情を理解し、ものの見方、感じ方、考え方などを豊かにすること。
 エ 文章の表現上の特色を理解し、優れた表現を味わうこと。
 オ 音読、朗読、暗唱などを通して古典の文章に親しみ、作品の読解、鑑賞を深めること。
 カ 古典を読んで、日本文化の特質や日本文化と中国文化の関係について考えること。

3 内容の取扱い

(1)古文及び漢文の両方を取り上げるものとし、著しく一方に偏らないようにする。

(2)文語文法の指導は、作品の読解に即して行い、必要に応じてある程度まとまった学習もできるようにする。

(3)教材は、親しみやすく基本的なものをできるだけ精選し、長短や難易を考慮して適当な部分を取り上げるものとする。その際には、次のような観点に配慮する必要がある。
 ア 古典を進んで学習する意欲や態度を養うのに役立つこと。
 イ 人間、社会、自然などに対する様々な時代の人々のものの見方、感じ方、考え方について理解を深めるのに役立つこと。
 ウ 様々な時代の人々の生き方について考えたり、我が国の文化と伝統について理解を深めたりするのに役立つこと。
 エ 古典の読解、鑑賞に必要な知識を身に付けるのに役立つこと。
 オ 言語感覚を豊かにするのに役立つこと。
 カ 中国など外国の文化との関係について理解を深めるのに役立つこと。

(4)教材には、日本漢文も含めるよう留意する。また、必要に応じて近代以降の文語文や漢詩文などを用いることができる。

(5)教材については、表記を工夫し、注釈、傍注、解説などを適切に用い、特に漢文については訓点を付け、時には書き下し文を用いるなど理解しやすいようにする。

第7 古典Ⅱ

1 目標

 古典としての古文と漢文を読解し鑑賞する能力を高めるとともに、ものの見方、感じ方、考え方を深め、古典に親しむことによって人生を豊かにする態度を育てる。

2 内容

 1の目標に基づき、「古典I」の内容に示す事項について指導する。

3 内容の取扱い

(1)「古典I」との関連を重視しながら、「古典I」の内容に更に習熟させ、古典の読解力、鑑賞力を一層高めるよう指導するものとする。その際、「古典I」の「3  内容の取扱い」と同様に取り扱うものとする。

(2)教材は、「古典I」の教材の程度を高めたもので、生徒の発達段階に即した適切なものを取り上げるようにする。

第8 古典講読

1 目標

 古典としての古文と漢文を読解し鑑賞することによって、我が国の文化と伝統に対する関心を深め、古典に親しむ態度を育てる。

2 内容

 次の事項について指導する。
 ア 音読、朗読を通して作品の読解、鑑賞を深めること。
 イ 古文や漢文に用いられている語句の意味、用法を理解し、その特有の表現を味わうこと。
 ウ 文章や作品に表れた思想や感情を的確に読み取り、生活や人生について考えること。
 エ 古典を読んで、日本文化の特質や日本文化と中国文化の関係について考えること。

3 内容の取扱い

(1)古文と漢文の両方又はいずれか一方を取り上げることができる。

(2)生徒の発達段階からみて高度で専門的な指導にならないよう配慮する。

(3)教材は、特定の作品や文種・形態などについてまとまりのあるものを適切に取り上げるようにする。

第3款 各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い

1 指導計画の作成に当たっては「国語Ⅱ」、「現代文」、「古典Ⅰ」、「古典Ⅱ」及び「古典講読」は「国語Ⅰ」を履修した後に履修させるものとする。

2 内容の取扱いに当たっては、次の事項に配慮するものとする。
(1)教材については、各科目の「3 内容の取扱い」に示す事項のほか、「国語表現」、「現代文」及び「現代語」は「国語Ⅰ」の3の(5)に示す事項について、「国語講読」は「古典Ⅰ」の3の(3)、(4)及び(5)に示す事項について留意すること。
(2)学習に必要な辞書、参考資料などの利用に慣れさせ、音声言語による教材も適宜活用し、指導の効果を高めるようにすること。

お問合せ先

初等中等教育局

-- 登録:平成21年以前 --