ここからサイトの主なメニューです

国際数学・理科教育動向調査(TIMSS2003)(国際教育到達度評価学会(IEA)実施)

我が国の児童生徒の学力は、国際的に見て上位。ただし、小学校理科、中学校数学は前回より得点が低下。(小4、中2を対象)
学ぶ意欲や学習習慣に課題。
テレビやビデオを見る時間が長く、家の手伝いをする時間が短い。

(1) 我が国の成績
 
1 算数・数学の成績
 
  小学校 中学校
昭和39年(第1回) 実施していない 12国中2位
昭和56年(第2回) 実施していない 20国中1位
平成7年(第3回) 26国中3位 41国中3位
平成11年(第3回追調査) 実施していない 38国中5位
平成15年(第4回) 25国中3位 46国中5位

2 理科の成績
 
  小学校 中学校
昭和45年(第1回 16国中1位 18国中1位
昭和58年(第2回) 19国中1位 26国中2位
平成7年(第3回) 26国中2位 41国中3位
平成11年(第3回追調査) 実施していない 38国中4位
平成15年(第4回) 25国中3位 46国中6位

(2) 数学・理科に対する意識

 
  勉強は楽しいと思う 得意な教科である
数学 理科 数学 理科
中学校 39パーセント 59パーセント 39パーセント 49パーセント
国際平均 65パーセント 77パーセント 54パーセント 54パーセント

(3) 学校外での時間の過ごし方

 
  宿題をする テレビやビデオを見る 家の手伝いをする
中学校 1日あたり1.0時間 1日あたり2.7時間 1日あたり0.6時間
国際平均 1日あたり1.7時間 1日あたり1.9時間 1日あたり1.3時間


 

-- 登録:平成21年以前 --