CLARINETへようこそ

日本人学校・補習授業校への教員派遣制度Q&A


1  教員派遣制度について
 
Q1-1  在外教育施設への派遣教員制度の内容について教えてください。
Q1-2  日本人学校及び補習授業校の概要について教えてください。
Q1-3  海外子女教育に関する政府の支援は何ですか。

2  派遣手続について
 
Q2-1  教員派遣内示・決定通知及び人事資料等の送付の早期化を図ってほしい。
Q2-2  派遣に当たっては、配偶者同伴というのが一般的な慣行なのでしょうか。
Q2-3  配偶者が教員の場合の取扱いについて教えてください。
Q2-4  配偶者が現地で、仕事やその他の活動をしたいと考えたときに、そのことが可能かどうか教えてください。配偶者は現在私立高校で英語教諭をしていますが、その能力を生かせればと考えています。

3  身分・処遇について
 
Q3-1  派遣期間(任期)は原則2年間と(派遣制度の説明ページに)あるが、派遣される際には、2年のつもりで行ってよいのでしょうか。
Q3-2  日本人学校の校長は補習授業校の校長を兼務することはできないのでしょうか。
Q3-3  派遣教員が派遣期間中に起こした不祥事に対する処分はどうなるのでしょうか。

4  生活・手当について
 
Q4-1  在勤手当について教えてください。
Q4-2  引越しに係る諸費用は出されるのでしょうか。
Q4-3  赴任地へ持っていく資金(支度金)はどれくらいいるのでしょうか。また、生活に必要な物などは、誰に相談すればいいのでしょうか。
Q4-4  勤務環境が著しく厳しい地域に所在する在外公館や各企業等では、健康を管理するための旅行が認められているとききますが、派遣教員に関してはどのようになっていますか。

5  その他
 
Q5-1  小学校と中学校の両方の授業を担当する、あるいは中学校において免許外の教科を担当するということも赴任校によっては実際に行われているのでしょうか。
Q5-2  各日本人学校等で使用している教科書は全国共通のものなのでしょうか。同じであれば教科書会社名を教えてください。
Q5-3  教材作りのために、海外での情報の得方やそのために渡航までに獲得しておく情報機器のスキルなどはどんなものがありますか。
Q5-4  派遣される国にも関係すると思いますが、配偶者も含め、実際、どのくらいのレベルでの語学力が必要となるのでしょうか。
Q5-5  海外での医療保険について教えてください。
Q5-6  ビザの取得はどのように行うのですか。
Q5-7  日本人学校の卒業式を1月に行うことは可能でしょうか。
Q5-8  同伴した子どもが国内の高等学校を受験しようとした時、その子どもを任期よりも早めに帰国させることはできますか。
Q5-9  赴任の時期と、配偶者の出産の時期が重なった場合、時期をずらしての同伴は可能でしょうか。

-- 登録:平成21年以前 --