ここからサイトの主なメニューです

平成17年度高等学校入学者の選抜に係る調査書の評定の記載について

○ 絶対評価による記載としている都道府県……45都道府県(95.7%)

(内訳) 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

○ 当面相対評価による記載としている都道府県……1府(2.1%)

(内訳) 大阪府

○ その他…………1県(2.1%)

  • 2年次の絶対評価の評定と3年次の1・2学期の絶対評価の評定を合計して、その結果を10段階の相対評価により記載する。(奈良県)

-- 登録:平成21年以前 --