私立学校施設におけるバリアフリー化の状況調査の結果について

文部科学省では、学校施設のバリアフリー化を推進するため、学校施設におけるバリアフリー化の状況について調査しました。このたび、私立の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校の施設の状況を取りまとめましたので公表します。

1.調査の概要

(1)調査時点
   令和2年5月1日
(2)調査対象
   全国の私立の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校及び当該学校の設置者
(3)調査内容
   ・バリアフリー化の状況(車椅子使用者用トイレ・スロープ等による段差解消・エレベーター)
   ・バリアフリー化に関する整備計画の策定状況
   ・バリアフリー化の予定

2.今回の公表におけるポイント

(1)私立学校について学校種別及び都道府県別の状況を公表
(2)配慮が必要な児童生徒等が在籍する学校における(1)の状況を公表
(3)避難所に指定されている学校における(1)の状況を公表

3.今後の対応等

・令和2年12月25日付けで改訂した「学校施設バリアフリー化推進指針」に基づき、学校設置者におけるバリアフリー化の計画策定、計画的な整備を要請します。
・私立学校施設のバリアフリー化予算の確保について、引き続き努めていく予定です。

お問合せ先

高等教育局私学部私学助成課

   助成第二係
   電話番号:03-5253-4111(内線2746)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(高等教育局私学部私学助成課)