ここからサイトの主なメニューです

科学研究費補助金(特定領域研究)に係る事後評価について

科学技術・学術審議会学術分科会
科学研究費補助金審査部会

 科学技術・学術審議会学術分科会科学研究費補助金審査部会(以下「審査部会」という。)は、特定領域研究の研究領域について、研究経過・成果等の状況を把握し、その後の研究の更なる発展に資するために、「科学研究費補助金における評価に関する規程」(平成14年11月12日科学技術・学術審議会学術分科会科学研究費補助金審査部会決定)の規定に基づき、事後評価を行った。
 事後評価の概要は次のとおりである。

特定領域研究

 特定領域研究は、「我が国の学術研究分野の水準向上・強化につながる研究領域、地球規模での取り組みが必要な研究領域、社会的要請の特に強い研究領域を特定して、一定期間、研究の進展等に応じて機動的に推進し、当該研究領域の研究を格段に発展させること」を目的とした研究種目であり、研究領域の設定期間は3~6年間である。
 研究期間終了年度の翌年度に事後評価を行うこととしている。

事後評価(対象研究領域数…12)

 事後評価に係る調査は、人文・社会系、理工系、生物系の各委員会において行うこととしており、事後評価の方法は、ヒアリング及び合議により行うこととしている。
 調査のため委員会を下記のとおり開催し、ヒアリングを行った後、合議により委員会としての調査結果をまとめた。

    人文・社会系委員会    平成24年9月24日
    理工系委員会            平成24年9月4日
    生物系委員会            平成24年9月12日

 以上の調査結果に基づき、平成24年10月23日に開催した審査部会で審議した各研究領域の評価は以下のとおりである。

    A+     「研究領域の設定目的に照らして、期待以上の成果があった」・・・ 1研究領域
    A        「研究領域の設定目的に照らして、期待どおりの成果があった」・・・ 9研究領域
    A-     「研究領域の設定目的に照らして、概ね期待どおりの成果があったが、一部に遅れが認められた」・・・ 該当なし
    B        「研究領域の設定目的に照らして、十分ではなかったが一応の成果があった」・・・ 1研究領域
    C        「十分な成果があったとは言い難い」・・・ 該当なし
    保留・・・ 1研究領域

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成24年12月 --