ここからサイトの主なメニューです

運営委員会への事前相談の手続について

 大学等の設置等を行う場合は、認可申請や届出を行う前に、以下の事項に該当するか否かを、大学設置・学校法人審議会大学設置分科会運営委員会(以下、「運営委員会」という。)に相談することができます。事前相談を希望する場合、以下の要領に従って書類を作成・提出してください。

1 事項

(1)教員審査の省略
当該案件の「大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則」第2条~第6条に係る教員審査の省略の該当の適否
※既設の大学又は学部等を廃止し、その職員組織等を基に学部等を設置しようとする者は、当該学部等のうち、教育研究上の目的、授与する学位の種類及び分野、教員組織の編成並びに教育課程の編成等が既設大学等と同等であると認められる場合には、教員個人調書の提出が省略(教員審査の省略)となる場合があります。
※事前相談を経ずに、認可申請において教員審査が省略されることはありません。

(2)認可又は届出
当該案件の「学校教育法」第4条第2項に係る届出の該当の適否
※大学の学部若しくは大学院の研究科又は第百八条第二項の大学の学科の設置であって、当該大学が授与する学位の種類及び分野の変更を伴わないものは、届出により設置することができます。
※事前相談では当該大学が授与する学位の種類及び分野の変更を伴わないものか確認するだけでなく、養成する人材像、教育課程、学部学科等の名称、教員組織等の構想について意見が付される場合があります。
※事前相談の結果、届出による学部等の設置が可能とされたものについては、届出と同時に学生募集を行うことが可能です。ただし、届出に係る事項が、設備、授業その他の事項に関する法令の規定に適合しない場合は、届出後60日以内に、「学校教育法」(昭和22年法律第26号)第4条第3項に基づく措置命令が行われる可能性があることに留意してください。
※事前相談に諮っていない場合、届出後に届出設置要件の具備について確認することになりますが、当該届出が届出設置の要件を満たさなかった場合に、届出後60日以内に「学校教育法」第4条第3項に基づく措置命令が行われることを考慮し、学生募集は、原則として届出後60日経過後(60日以内に文部科学省ホームページで公表した場合を除く。)に行ってください。

(3)名称変更
当該案件の「学校教育法施行令」第26条第1項又は「学校教育法施行規則」第2条に係る届出の該当の適否
※名称の変更は、原則として教育課程や教員組織等の変更を伴わない、いわゆる「看板の掛け替え」のみを行う手続きを想定しています。教育課程や教員組織等の変更を伴う場合、実質的な「新たな組織の設置」とみなされる場合がありますので、学内で十分検討を行ったうえで事前相談に諮っていただくようお願いします。
※大学等の名称については、上記適否のほか、「大学設置基準」第40条の4(大学等の名称)等に定める要件等の適否に係る専門的判断が必要であることから、名称変更を行う場合は運営委員会への事前相談を行うようにしてください。
※大学の名称変更の事前相談は、大学設置基準との関係において変更後の大学名が大学の教育研究上の目的と齟齬がないか確認するものです。変更後の大学名称がその他の法令において適法であることを担保するものではありません。
※修士課程を博士課程に変更するなど専攻の課程の変更の認可申請又は届出等に伴って「修士課程」を「博士前期課程」に変更する場合は、事前相談は不要です。
※英語名称のみを変更する場合は、事前相談は不要です。


2 様式及び提出部数

(1)「教員審査の省略」及び「認可又は届出」(部数:10部)
① 設置計画の概要
② 基礎となる学部等の改編状況
③ 教育課程等の概要
④ 教育課程等の概要(既設学部等)
※新設する学部等において授与する学位と同一の種類及び分野の学位を届出時に授与している既設の学部等
⑤ 授業科目の概要
⑥ 教員名簿
⑦ 組織の移行表
※①→⑦の順にまとめ、左側にファイルとじ用の2つ穴をあけ、左上をステープラー留めにしてください。
※書類の量が多く、ステープラー留めが困難な場合は、適宜、クリップやファイル等でとじてください。なお、インデックスの貼付やページ番号の付与は任意です。
※案件が複数ある場合は、案件ごとにまとめてください。
※直近の事前相談にて意見が付されている場合には、その意見への対応について記載した書類を参考資料として事前相談書類10部それぞれに添付してください。その際、意見への対応及びそれに伴う修正箇所が分かるように作成してください。

(2)「名称変更」(部数:10部)
① 名称変更の概要
② 設置時からの組織の変更状況
③ 設置時からの教育課程の変更状況
④ 組織の移行表
※①→④の順にまとめ、左側にファイルとじ用の2つ穴をあけ、左上をステープラー留めにしてください。
※書類の量が多く、ステープラー留めが困難な場合は、適宜、クリップやファイル等でとじてください。なお、インデックスの貼付やページ番号の付与は任意です。
※案件が複数ある場合は、案件ごとにまとめてください。
※直近の事前相談にて意見が付されている場合には、その意見への対応について記載した書類を参考資料として事前相談書類10部それぞれに添付してください。その際、意見への対応及びそれに伴う修正箇所が分かるように作成してください。

(3)上記(1)及び(2)とともに「事前相談登録票(エクセルデータ)」を印刷したものを1部添付してください。
事前相談の結果はメールにより伝達しますので、担当者連絡先にはメールアドレスを必ず記載してください。

(4)事前相談は、上記の各書類の送付とともに、メールにて案件登録をしてください。
※事前相談登録メール送信の際は、件名を「【データ送付】○○大学(事前相談○月)」とするとともに、「事前相談登録票」「各書類のPDFデータ(手引きを参照)」を添付し、本文に書類の郵送日を記入の上、大学設置室メールアドレス(d-secchi@mext.go.jp)宛てにお送りください。「事前相談登録票」は事務的に使用しますので、必ずエクセルデータのままお送りください。

(5)提出は原則として郵送で、下記受付期間内に到着するよう送付してください(書類送付の際には、送付物に「事前相談書類在中」などと明記してください)。

 

3 提出先・受付期間

高等教育局高等教育企画課大学設置室
※ただし、名称変更に係る事前相談については下記担当宛てに提出してください。
大学:高等教育企画課大学設置室
短期大学:大学振興課短期大学係
高等専門学校:専門教育課高等専門学校係

 

受付期間

 結果伝達期間

受付対象となる

開設・変更年度

1 令和2年1月20日(月)~1月24日(金)

 令和2年3月中旬~下旬

令和3年度

2 令和2年4月27日(月)・4月28日(火)

 令和2年6月中旬~下旬

令和3年度

3 令和2年6月29日(月)・6月30日(火)

 令和2年8月中旬~下旬

令和3年度・4年度

4 令和2年10月19日(月)・20日(火)

 令和2年12月中旬~下旬

令和3年度・4年度

5 令和2年11月23日(月)・11月24日(火)

 令和3年1月下旬~2月上旬

令和4年度

6 令和3年1月18日(月)・1月19日(火)

 令和3年3月中旬~下旬

令和4年度

<注意点>
・ 事前相談の結果「届出設置可」となった場合であっても、届出時の内容が事前相談時の内容から変更となった場合は、事前相談の結果が無効となることもありますので、事前相談に諮る際には計画を十分に検討し、確定した内容で書類を作成してください。
・ 事前相談の結果「届出設置可」となった場合であっても、届出時の内容のうち事前相談書類に記載されていない事項について法令に適合しないことが判明した場合は、事前相談の結果に関わらず、学校教育法第4条第3項に基づく措置命令等を行う場合があります。
・ 事前相談結果については、上記の結果伝達期間内にメールにてお知らせする予定です。期間を過ぎても連絡がない場合は、大学設置室までお問い合わせください。それ以外の場合では、「何日ごろに結果連絡が行われるか」といった御質問にはお答えできませんので、あらかじめ御了承ください。

 

地域医療連携推進法人の参加法人による附属病院の開設の場合

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課大学設置室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Word Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Word形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Excel Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Excel形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Excelが必要です。
Microsoft Excelをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(高等教育局高等教育企画課大学設置室)

-- 登録:平成21年以前 --