ここからサイトの主なメニューです

宇宙開発利用

1964年(昭和39年)

第一章 日本の宇宙開発の政策史 > 1.黎明期から宇宙開発委員会発足まで(~昭和43年)

← 1963年(昭和38年) | 1965年(昭和40年) →

1964年(昭和39年)2月3日

宇宙開発審議会、総理大臣に「宇宙開発における重点開発目標とこれを達成するための具体方策如何」答申(3号答申)

 米ソが国の威信をかけて宇宙開発を推進するなかで、欧州においても1962年(昭和37年)から欧州主要国を主体とする欧州宇宙ロケット開発機構(ELDO)および欧州宇宙研究機構(ESRO)が第三勢力として登場し、その他の諸国も着々と宇宙開発を進めるようになった。このような国際的な状況のなかで、諮問第3号「宇宙開発における重点開発目標と、これを達成するための具体方策いかん」についての審議会答申は、1964年(昭和39年)2月3日に出された。同答申は、次のような重点目標を答申した。

  1. 人工衛星を国内で開発製作し、場合によっては外国のロケットを使って短期間内に打ち上げること。
  2. 気象など実用化ロケットの早期開発を促進すること。
  3. ロケット能力のかん養をはかり、総合的長期計画を樹立すること。
  4. 他国の衛星による宇宙の利用技術を開発促進すること。
  5. 観測ロケットを用いて宇宙科学の研究を発展せしめること。
  6. 各種観測、計測機械などの開発を促進すること。

 この重点開発目標を効率的に達成するため、新たに宇宙開発に関する中核的実施機関として宇宙開発推進本部を科学技術庁に設置すべきこと、また、各大学の宇宙分野における密接な協力体制を整えるために、新たに大学の共同利用研究所として宇宙航空研究所を設置し、これを中心として研究を充実すべきである旨答申した。

1964年(昭和39年)3月25日

日本放送協会(NHK)、国際電電(KDD)、米国の通信衛星リレー2号により日米間テレビ中継送信に成功

1964年(昭和39年)4月1日

航空研究所が廃止され、「東京大学宇宙航空研究所」が創設される。

 観測ロケット開発の発展に対応して、1964年(昭和39年)4月1日には東京大学に、宇宙航空研究所 (ISAS: Institute of Space and Aeronautical Science)が開設された。この研究所は、東京大学生産技術研究所のSR研究班等と既存の東京大学航空研究所の宇宙科学関連研究者等を合併したもので、全国の大学の研究者の共同研究機関と位置づけられ、都内目黒の航空研究所キャンパスに設置された。

1964年(昭和39年)5月1日

郵政省電波研究所鹿島支所開所

1964年(昭和39年)5月29日

宇宙開発審議会、第1部会を総合部会に改組、同時に技術部会を設置

1964年(昭和39年)7月1日

科学技術庁、宇宙開発推進本部を設置

 宇宙開発の中核的実務機関として「宇宙開発推進本部」が1964年(昭和39年)7月1日、科学技術庁に設置され、宇宙開発室は発展的に解消した。同本部は初年度3億円の予算で発足し、次のような業務にあたった。

  • 国の年次計画に基づく人工衛星・ロケットの基本設計とそれに必要な開発研究
  • 人工衛星・ロケットに関連する搭載機器の製作、試験研究の委託、調達
  • 搭載機器の環境試験
  • 人工衛星・ロケットの打上げ、および打上げ試験場の維持・運営・管理
  • 宇宙開発の推進に必要なデータ調査、研究資料の収集整備

 推進本部の当面の主要業務は、宇宙開発5カ年計画の策定と、ロケット打上げの2つであった。当初の5カ年計画の概要は、

  1. 液体ロケットの開発と誘導・制御技術の開発に重点を置く
  2. 1,000kmの中高度軌道に、50kgの人工衛星の投入を目標とする
  3. この計画に係る経費の概算

であった。

1964年(昭和39年)7月11日

東京大学、L(ラムダ)3型ロケット1号機打上げ(高度850kmに到達)

1964年(昭和39年)7月

海上保安庁、国土地理院、東京天文台の三者共同で、米国の測地衛星アンテナを利用して、第1回の鳥島の測地観測

1964年(昭和39年)7月17日~23日

科学技術庁、新島で観測ロケット打上げ実験実施(S-B-1, 2, 3, LS-A-1, 2の5機)

1964年(昭和39年)7月24日

気象庁、太陽黒点極小期国際観測年(IQSY)に関連し、東京大学と共同で初の気象観測ロケットMT135-1打上げ

1964年(昭和39年)7月28日

米、レインジャー7号打上げ(初の月の近接写真撮影に成功)

1964年(昭和39年)8月20日

世界商業通信衛星組織暫定協定成立(1973年(昭和48年)2月よりインテルサットとして恒久化)

1964年(昭和39年)10月10日~24日

米国の通信衛星シンコム3号を利用して東京オリンピックを全世界中継

1964年(昭和39年)10月12日

ソ連、ウオスホート1号打上げ(初の3人乗り有人宇宙船)

1964年(昭和39年)12月15日

伊、米国と共同で初の人エ衛星サンマルコ1号打上げ

1964年(昭和39年)12月24日

観測衛星懇談会はSA研究委員会に改められ、SA研究班発足

 1964年(昭和39年)12月、東京大学宇宙航空研究所長と科学技術庁宇宙開発推進本部長が兼任されることを手はじめに、我が国の宇宙開発の一元化への動きが進み、体制整備への足がかりが得られるに至った。1964年(昭和39年)には東京大学宇宙航空研究所内にSA(SAtellite)研究班も生まれた。これは、東京大学をはじめとする全国の大学、郵政省電波研究所、日本電信電話公社電気通信研究所、通産省工業技術院電気試験所、NHK総合技術研究所、理化学研究所などの第一線研究者の集まりであった。

← 1963年(昭和38年) | 1965年(昭和40年) →

お問合せ先

研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成23年02月 --