ここからサイトの主なメニューです

宇宙輸送システム

 我が国が、必要な時に、独自に宇宙空間に必要な人工衛星等を打ち上げるための宇宙輸送システムは、我が国の宇宙活動の自律性を維持する上で不可欠です。

○H-IIAロケット
 日本初の純国産ロケットH-IIロケットで培われた技術をもとに、人工衛星の打ち上げ・国際宇宙ステーションへの補給などの多様な輸送需要に、高い信頼性を確保しつつ、低コストで対応するために開発されたロケットです。

H-IIA

○H-IIBロケット
 H-IIAロケットの打ち上げ能力を高め、国際宇宙ステーション(ISS)や月面への物資輸送など、将来のミッションへの可能性を開くために開発されたのが、H-IIBロケットです。 H-IIBロケットの主要な目的の一つは、ISSに宇宙飛行士の生活に必要な物資、ISS内の定期交換機器、実験装置・実験用サンプルなどの研究用資材を運ぶための宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)を打ち上げることです。

H-IIB

○イプシロンロケット
 イプシロンロケットは高性能と低コストの両立を目指して開発中の新時代の固体燃料ロケットです。ペンシルロケットからM-Vに至るまでの既存技術と革新技術を有機的に組み合わせることで、信頼性と性能を一層向上させ、革新的な打ち上げシステムにより、小型衛星を機動的かつ効率的に打ち上げます。

epsilon

○新型基幹ロケット
 我が国の自律的な宇宙輸送能力を確保するため、我が国の総力を結集して新型基幹ロケットを開発していきます。ロケット機体と射場機能を一体とした新システムを構築し、大幅なコスト削減を目指すとともに、、衛星等の打ち上げ需要に柔軟に対応するため、中型から大型まで種々のサイズの衛星を効率的に打ち上げられるシステムを目指します。

ロケットラインナップ

更に詳しい情報へのリンクはこちら

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

鈴木、對崎
電話番号:03-6734-4152
ファクシミリ番号:03-6734-4150