第3回北極科学大臣会合(ASM3:3rd Arctic Science Ministerial)

2021年5月8日(土曜日)~9日(日曜日)において、日本とアイスランドの共催により、第3回北極科学大臣会合(ASM3:3rd Arctic Science Ministerial)をアジア初となる日本(東京)で開催します。
ASM3は、北極における研究観測や主要な社会的課題への対応の推進、関係国間や北極圏国居住の先住民団体との科学協力の更なる促進を目的とした会議です。




 

1. 背景・経緯

2016年9月 第1回会合(米国)

北極に関する研究・科学の国際協力を強化し、政策決定に活かすことを目的に米国の呼びかけによりホワイトハウスで開催。
日本からは松本洋平内閣府副大臣(当時:海洋政策担当)が北極圏国8カ国、日本を含めたその他の14カ国、EU、先住民団体が参加。

2018年10月 第2回会合(共催: EU、ドイツ、フィンランド)

北極における研究観測や主要な社会課題への対応の促進、関係国間や先住民団体との科学協力の更なる促進を目的に、
ドイツ、ベルリンで開催。
北極圏国8カ国、日本を含めたその他の15カ国、EU、先住民団体が参加。
日本からは柴山昌彦文部科学大臣(当時)が出席し、第3回をアイスランドとの共催により、アジア初となる我が国で開催することを提案し了承。
 

 

2. ASM3開催概要

閣僚級会合(本会合)


日時・場所       2021年5月8日(土曜日)~9日(日曜日):虎ノ門ヒルズ(東京都港区)

本会合のテーマ     「持続可能な北極のための知識(knowledge)」

                <4つのサブテーマ>
              観測 : 観測ネットワーク、データ共有 - 実装に向けて -
              理解 : 北極環境及び社会システムとその全球的影響の予測と科学的理解の強化
              対応 : 持続可能な開発、脆弱性と回復力の評価、科学的知識の適用
              強化 : 人材育成、教育、ネットワーク形成 - 次世代を念頭において -

成果文書        共同声明(Joint Statement)

共催           アイスランド、日本
 

3. 公式サイト、フライヤー

    

     (PDF:550KB)      (PDF:561KB)



 

4. Webinar Series(連続オンラインセミナー)

   2020年10月よりASM3のテーマに沿って、Webinar Series(全8回)を実施しています。
   各回は、ASM3のScience Advisory Boardの委員や研究者による講演と参加者との質疑応答で構成されています。
   事前登録を行えば、どなたでも参加可能です。
   以下のASM3公式ホームページ上に、既に終了した回の動画を公開しておりますので、是非ご覧ください。

 


   
   第1回 2020年10月21日
   北極科学大臣会合の概要紹介
   第2回 2020年11月11日
   国際北極科学研究における課題 : 空白と障壁
   第3回 2020年12月 4日
   北極科学大臣会合と北極先住民のかかわり
   第4回 2021年 1月20日
   テーマ1 観測 : 観測ネットワーク、データ共有 -実装に向けて-
   第5回 2021年 2月17日
   テーマ2 理解 : 北極環境及び社会システムとその全球的影響の予測と科学的理解の強化
   第6回 2021年 4月15日 1:00-2:00(日本時間)
   テーマ3 対応 : 持続可能な開発、脆弱性と回復力の評価、科学的知識の適用
   第7回 2021年 4月 7日
   テーマ4 強化 : 人材育成、教育、ネットワーク形成 -次世代を念頭において-
   第8回 2021年 6月 9日 22:00-24:00(日本時間)
   ASM3の総括 : 共同声明を実現するために
 


 

お問合せ先

研究開発局海洋地球課

電話番号:03-5253-4111(内線4144・4451)、03-6734-4144(直通)