データ関連人材育成プログラム 評価結果

概要

 「データ関連人材育成プログラム」では、選定機関の中間評価を取組開始年度より3年目に、事後評価を取組終了年度の翌年度に実施しています。
 令和元年度の評価においては、有識者等によって構成されるデータ関連人材育成プログラム委員会(以下、「事業委員会」という。)をPwCコンサルティング合同会社に設置し、当該事業委員会において、平成29年度に選定された4機関の中間評価を実施しました。令和2年度においても、同様に事業委員会にて平成30年度に選定された1機関の中間評価を実施しました。

1.評価項目

・ 総合評価
・ 各評価項目
 (1)事業の進捗状況(目標の達成状況等)
 (2)高度データ関連人材の育成(研修プログラム、育成到達レベル、学部・修士段階への波及効果等)
 (3)実施体制の構築(コンソーシアムの運営体制、機関の役割・コミットメント、ニーズへの対応等)
 (4)今後の進め方(補助期間終了後の継続性等)
 (5)進展計画(延長交付による発展性等) ※平成29年度選定のうち希望する機関のみ該当
 

2.評価基準

・総合評価
 S: 所期の計画を超えた取組が行われており、今後の一層の進展が期待される
 A: 所期の計画と同等の取組が行われている
 B: 所期の計画以下の取組であり、計画の見直しを検討すべき
 C: 総じて所期の計画以下の取組であり、計画の抜本的な見直し又は中止を検討すべき

・各評価項目
 s: 大変優れている
 a: 優れている
 b: やや劣っている
 c: 劣っている

3.評価結果

選定年度

機関名

中間評価

事後評価

平成29年度

東京医科歯科大学

S (PDF:148KB)

 

平成29年度

電気通信大学

A (PDF:142KB)

 

平成29年度

大阪大学

A (PDF:142KB)

 

平成29年度

早稲田大学

A (PDF:143KB)

 

平成30年度

北海道大学

S (PDF:155KB)

 

令和元年度
(全国ネットワーク)

大阪大学

 

 

令和2年度
(高等学校等への博士人材派遣)

北海道大学

 

 

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。