ここからサイトの主なメニューです

令和2年度科学技術人材育成費補助事業「データ関連人材育成プログラム(D-DRIVE)」の選定機関の決定について

1.事業概要

 本プログラムは、大学、企業等がコンソーシアムを形成し、博士課程学生・博士号取得者等の高度人材に対して、データサイエンス等のスキルを習得させる研修プログラムを開発・実施し、キャリア開発の支援を実施することにより、高度データ関連人材を育成し、社会の多様な場での活躍を促進するものです。
 各分野の博士人材等について、データサイエンスの基礎等を身に付けた上で、企業等のデータを活用したPBL(課題解決型学習)やインターンシップ等を通じて実践的な能力の養成を図ることにより、データサイエンス等を活用しアカデミア・産業界を問わず活躍できる棟梁レベル人材を育成することが期待されます。
 今年度の公募においては、博士人材等に対してデータサイエンス等のスキルを習得させる研修プログラムを開発・実施する大学において、地方公共団体(教育委員会)との連携の下、データサイエンス等の専門性を有する博士人材等を対象に特別免許状や特別非常勤講師制度等を活用し、高校における課題研究等を指導できる教員の確保や教育の充実に向けた取組を支援します。

 

2.公募期間及び申請件数

令和2年8月28日(金曜日)から令和2年9月30日(水曜日)までの間、公募を行った結果、2件の申請を受け付けました。

 

3.選定方法

 本事業の審査業務等を実施するPwCコンサルティング合同会社において、有識者等によって構成される「データ関連人材育成プログラム委員会」を設置し、審査を行い、同委員会の審査結果を踏まえ、選定する機関を決定しました。

 

4.選定件数 

1件(詳しくは別紙をご覧ください)

お問合せ先

科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室

電話番号:03-6734-4021
ファクシミリ番号:03-6734-4022
メールアドレス:kiban@mext.go.jp

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室)