ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 尾上蔵保存利活用促進会

所在地…〒036-0242 青森県平川市猿賀南野53-10
TEL…0172-57-5190 FAX…0172-57-5190
URL…http://www.kura-onoe.net/
E-Mail…kura-334club@smile.ocn.ne.jp

青森県平川市

代表者名…佐藤正道
設立年月…2002年1月 認証年月…2003年8月
有給スタッフ数…常勤2名、非常勤0名
事業規模(09年度決算収入)…21,380,000円
(内訳:会費204,000円、事業収入15,021,000円、寄付金563,000円、助成金収入5,553,000円、その他39,000円)

活動の目的・趣旨

 町内外の住民に対して、旧尾上町に存在する蔵保存と利活用の促進、蔵所有者はじめ地域住民の意識高揚、農村景観の維持発展及び地域資源の保全と創造、グリーン・ツーリズム事業推進及び地域農業再構築や食文化の創造等をテーマとした情報発信事業等を行い、農業と農村のもつ豊かさ、農村文化の漂う町づくり、ひいては農業・農村活性化に寄与することを目的とする。

活動の紹介

 青森県平川市の旧尾上町地域は蔵と庭園が調和した景観として高く評価されている。その景観を利用した様々な地域づくりの活動を展開している。

●蔵、農家庭園ウォッチング&収獲体験などのグリーンツーリズムの企画・運営

 受け入れ農家をネットワーク化し、町並みのウォッチングと花木や果物・野菜の収穫、温泉などを組み合わせたツアーを実施している。

●ファームステイの企画・運営

 全国の中学・高校の修学旅行農作業体験受け入れに関して、農家と学校のコーディネートを行っている。
 2010年には17校を受け入れた。
 リンゴ収穫体験ファームステイ、田んぼをキャンバスに見立てて、稲の色を変えて文字を書く「アート田園田植え体験ファームステイ」(むつ小川原財団産業振興プロジェクト支援事業)などを実施している。
 その他、情報地図「蔵マップ」、機関誌の発行、フォーラム、蔵図画コンクールなどを行っている。農家蔵ブランドは商標登録し、地域発のブランドとして認知を進めている。県営事業垂柳・猿賀地区田園空間整備事業として活動拠点「農家蔵の館」の設置を行った。

ここに注目

JTB交流文化賞や2010年度「地域づくり総務大臣表彰」団体表彰、「あおもり農村整備広報大賞」最優秀賞など、多数の賞を受賞している。地域のネットワーク化と学校等との連携により、景観を生かした農業振興等の地域づくりを行い、ブランド化にも成功している。

 JTB交流文化賞や2010年度「地域づくり総務大臣表彰」団体表彰、「あおもり農村整備広報大賞」最優秀賞など、多数の賞を受賞している。地域のネットワーク化と学校等との連携により、景観を生かした農業振興等の地域づくりを行い、ブランド化にも成功している。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --