ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 食と農の研究所

所在地…〒657-0831 兵庫県神戸市灘区水道筋2-2“のら”(畑原市場内)
TEL…078-801-8722 FAX…078-801-8722
URL…http://www.agri-design.jp/ E-Mail…info@agri-design.jp

兵庫県神戸市

代表者名…丹羽英之
設立年月…2003年3月 認証年月…2003年3月
有給スタッフ数…常勤6名、非常勤4名
事業規模(09年度決算収入)…26,682,312円
(内訳:事業収入26,573,418円、会費108,000円、その他894円)

活動の目的・趣旨

 不特定多数の個人・団体に対して、都市と農村のネットワークづくり、食・農・環境に関する学習、情報提供、調査研究、相談・助言等の事業を行い、食について考え、農を身近に感じる市民生活、都市と農村の共生の推進に寄与することを目的とする。

活動の紹介

●農業体験教育講座「食と農の小学校」

 小学生とその家族を対象に、食べもの・農業・農村にふれる本物の体験(食と農のツーリズム)を通して、子どもたちの自然の生命を感じる力、生きる力を育むことを目的とした食農教育に取り組んでいる。地元農家が先生となり、食べもの・農業を楽しく、面白く教える。椎茸・野菜収穫、米や野菜の出荷見学、土について学ぶ、鶏の解体見学、田んぼの虫の観察など、知識と体験両面で幅広いカリキュラムを企画している。

●都市と農村のネットワークづくり

 消費者・都市住民の「まちとも」と生産者・農家の「のらとも」を組織し、ファーマーズマーケットの開催やワークショップなどで両者のネットワーク化を支援している。「近畿まち×むらプロジェクト」ではアンテナショップの運営、キャラバン方式での各種イベントへの参加などを行っている。また、農家と消費者が直接触れ合う機会をつくる「農村ボランティアバンク」も実施。兵庫県丹波市の梶原地区と連携し、通年の農体験活動を学ぶ「梶原塾」を開催している。
 都市と農村の食・農・環境をトータルに考え、都市と農村が共生し、食と農を今よりももっと身近に感じられるライフスタイルを提案している。

ここに注目

食・農・環境の学習、情報発信、および都市と農村のネットワーク作りを中心に活動。農業教育では県内の小学校と連携している。豊岡市や兵庫県の協力を得ながら中国浙江省における環境教育・環境創造型農業の普及事業も実施。

 食・農・環境の学習、情報発信、および都市と農村のネットワーク作りを中心に活動。農業教育では県内の小学校と連携している。豊岡市や兵庫県の協力を得ながら中国浙江省における環境教育・環境創造型農業の普及事業も実施。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --