ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 女性と子ども支援センターウィメンズネット・こうべ

所在地…〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通6-7-9秋毎ビル1階
TEL…078-734-1308 FAX…078-734-1308
URL…http://wn-kobe.or.jp/
E-Mail…womens-net-kobe@nifty.com

兵庫県神戸市

代表者名…正井禮子
設立年月…1992年4月 認証年月…2007年3月
有給スタッフ数…常勤3名、非常勤5名
事業規模(09年度決算収入)…13,747,490円
(内訳:事業収入9,688,028円、寄付金3,376,028円、会費663,000円、その他20,434円)

活動の目的・趣旨

 男女が互いにその人権を尊重し、責任を分かち合い、その能力を発揮することができ、安心してのびやかに生きることができるよう、すべての人に対して、女性や子どもの人権の擁護や福祉の増進に関する事業を行い、男女共同参画社会の形成と子どもの健全育成の推進に寄与することを目的とする。

活動の紹介

●DV・デートDV防止教育

 10代、20代の若いカップルの間で起こっている暴力について、正しい理解と知識を得ることで将来深刻な夫婦間のDVに発展することを防止する出前授業など、DV防止のための様々な教育活動を行っている。約42,000人の生徒に授業を提供し、質の高いプログラムとの評価を得ている。教員や地域住民に対しても、「DVと子どもへの影響」などについて啓発講座を開催している。

●DV被害者サポートライン事業

 夫・恋人の男性から暴力被害を受けている女性を対象に電話・面接相談を実施し、弁護士情報、自助グループの情報、地域の相談機関の情報を提供している。付き添い支援では、福祉事務所・弁護士事務所・警察・病院・家探しなどにスタッフが同行して被害者をサポートしている。

●自助グループ(コスモスの会)の運営

 DV暴力に悩む人の自助グループを運営し、離婚後のことや、裁判について情報交換している。

●シェルター(緊急一時保護施設)の運営

 2005年にシェルターを開設し、母子を保護し、その後の生活再建を支援している。滞在中に母子ともに、DVに関する心理教育を行うことで再被害の防止と心理的回復を支援している。

ここに注目

1995年に電話相談を開設して以来、面接相談、付き添いサポート、シェルター運営等、DV被害者支援の実績があり、被害者の心の支えになっている。また、DVを未然に防止するための教育活動に力を入れている。メディアで取り上げられた際は、全国から相談が寄せられる。

 1995年に電話相談を開設して以来、面接相談、付き添いサポート、シェルター運営等、DV被害者支援の実績があり、被害者の心の支えになっている。また、DVを未然に防止するための教育活動に力を入れている。メディアで取り上げられた際は、全国から相談が寄せられる。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --