ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 非行克服支援センター

所在地…〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-14コーポババ21
TEL…03-5348-6996 FAX…03-5337-7912
URL…http://hikoukokuhuku.web.fc2.com/ E-Mail…npo-ojd@cocoa.ocn.ne.jp

東京都新宿区

代表者名…能重真作
設立年月…2002年4月 認証年月…2002年12月
有給スタッフ数…常勤1名、非常勤3名
事業規模(09年度決算収入)…9,962,541円
(内訳:助成金6,183,000円、事業収入2,207,278円、会費1,137,500円、寄付金414,467円、その他20,296円)

活動の目的・趣旨

 我が子の「非行」に悩む親への支援し、本人の立ち直りを支えていく活動を中心に、子どもの健全育成をすすめるための学習、交流、非行相談、立ち直り支援等を日常的に行っている。また、子どもの健全育成にかかわる関係諸施設、機関や関係者との連携・交流を進め、子どもの豊かな成長、「非行」からの立ち直りに寄与することを目的とする。

活動の紹介

 子どもが「非行」などの問題を起こす背景には、家庭の問題や、学校・友人・地域社会など、子どもを取り巻く環境に問題が隠れていることが多い。しかし、我が子が「非行」問題を起こすと、周囲は手を引き、誰にも相談できず、親が一人で抱え込んでしまいがちである。広く、大人社会全体の問題として捉え、支援の手を広げるために、社会啓蒙を含む以下のような活動を行っている。

●子どもの健全育成を進めるための学習・交流・支援者養成事業

 全国各地に、「非行」と向き合う親たちの会(自助組織)を組織し、親が安心して悩みを語り合える場を作っている。また、「非行を考える全国交流集会」(2000年から開催)を、実務者や研究者・保護者も交えて年に一度開催している。その他「思春期の子どもと向き合う」(新宿区との協働事業)などをテーマとした連続講座やシンポジウムの開催、「非行立ち直り体験交流会」(埼玉県の委託事業)の開催、非行問題ボランティア養成のための「養成講座」の開催などを行っている。
 また、定期発行誌「ざゆーす」では、関係者が、縦割りでなく広く交流し、問題を掘り下げ、学び合える場を提供している。

●非行専門の相談

 非行問題の専門家、少年司法関係者、経験のある親などが相談員となり共に解決方法を探る。

ここに注目

親だけでなく、教育や法律の専門家などのネットワークを生かした取り組みは、マスコミや各界から非行問題への新しい取り組みとして注目され、評価されている。少年院や児童相談所など関係行政機関との連携も積極的に行っている。

 親だけでなく、教育や法律の専門家などのネットワークを生かした取り組みは、マスコミや各界から非行問題への新しい取り組みとして注目され、評価されている。少年院や児童相談所など関係行政機関との連携も積極的に行っている。

お問合せ先

総合教育政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(総合教育政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --