ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 チャレンジスクール三重

所在地…〒515-2322 三重県松阪市嬉野町1430一志久居教育会館2F
TEL…0598-42-8174 FAX…0598-42-8174
URL…http://www.chmie.jp/ E-Mail…chmieinf@yahoo.co.jp

三重県松阪市

代表者名…玉村典久
設立年月…2005年4月 認証年月…2005年9月
有給スタッフ数…常勤6名、非常勤5名
事業規模(09年度決算収入)…19,128,077円
(内訳:事業収入19,118,077円、寄付金10,000円)

活動の目的・趣旨

 教育的に困難な環境にあるすべての人に対して、それぞれが互いに学びあい、支えあう中で自立し成長していくことができる場と支援を提供する事業を行い、もって社会教育の推進と、子どもの健全育成に寄与することを目的とする。

活動の紹介

●「チャレンジスクール三重」の運営

 主に高校学齢の不登校経験者や高校中退者、高卒資格を持たない若者のためのスクールを運営。一人ひとりの個性にあったまなびや未来へ前進する自信と勇気を育む場として彼らの再チャレンジを支援する活動を行っている。スタッフのほとんどが、高校教員の資格を有し、学校現場等での経験を持つ教育の専門家であるため、その専門性や経験を生かして、単なる居場所ではなく教育の場として活動している。
 英語・数学などの教科については、習熟度別授業とし、学習の遅れがちな人の学び直しや、進学対応もしっかりサポートする。卒業後の進学・就職に関するフォローも行っている。
 「人は人の中で育つ」、「スモールチャレンジ」をモットーに自然体験・調理実習・各種スポーツなどの生活体験活動にも力を入れている。通信制高校にも在籍することで無理なく高卒資格を取得することができる。
 学校をはじめとする関係諸機関への働きかけや、相談会開催などの広報活動のあり方を研究し、潜在的ニーズを掘り起こす活動もしている。

ここに注目

2008年度から3年間、文部科学省「不登校等への対応におけるNPO等の活用に関する実践研究事業」受託。また、2009年から三重県NPO基盤強化事業となっている。利用者の多様化するニーズに対応していくために、新たな活動場所と人的資源を確保し、支援体制を強化した。

 2008年度から3年間、文部科学省「不登校等への対応におけるNPO等の活用に関する実践研究事業」受託。また、2009年から三重県NPO基盤強化事業となっている。利用者の多様化するニーズに対応していくために、新たな活動場所と人的資源を確保し、支援体制を強化した。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年02月 --