ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 ジャパン・リターン・プログラム

所在地…〒107-0052 東京都港区赤坂2-19-8赤坂二丁目アネックス4階ビジネス日本語協会内
TEL…03-3589-3587 FAX…03-3589-3573
E-Mail…info@nihongo.or.jp

東京都港区

代表者名…松尾新吾
設立年月…1995年8月 認証年月…2003年12月
有給スタッフ数…常勤4名、非常勤0名
事業規模(09年度決算収入)…54,093,990円
(内訳:助成金10,450,000円、寄付金38,421,902円、広報協賛収入4,250,476円、参加費収入919,365円、受取利息51,285円、雑収入962円)

活動の目的・趣旨

 日本と各国との架け橋となる15才から27才の日本語による発信力の優れた人材を招聘して「日本語サミット」を開催するなど、将来を担う、日本に何回もリターンしてもらいたい世界各国の優れた人材の育成・交流プログラム等を行い、日本語を学ぶ、世界の青少年の“若いときからの日本ファン”の醸成・育成と、日本と世界各国との架け橋となる人材の育成とネットワークの構築を目的として活動する。

活動の紹介

●「日本語サミット」の開催

 「日本語から、人を育み、平和を育む」をテーマに行っている。世界各国の日本語による発信力の優れた青少年を日本に招聘し、35日間のプログラムを通して、今、自分たちが平和のためにできることを日本語で日本から世界に向けてメッセージを発信する。2010年に開かれた第12回「日本語サミット」では、東京、福岡の中・高等学校で開催され、延べ65カ国146名の応募のなかから13カ国13名のパネリストを選抜・招聘した。

●外国人外交官向け研修の実施

 在日本公館に勤務する、日本語能力を有する外交官を対象に実施している。日本における職務をさらに円滑に遂行できるよう、業務に直結した自国文化紹介のためのプレゼンテーションに向け、文法と語彙のブラッシュアップ、待遇表現・ビジネスマナー、あるいは社会生活やビジネスコンタクト、情報収集や広報活動などの必要な場面設定により、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング能力の総合的な向上を目指している。
 その他、日本語サミットに関わった人のネットワークを組織し、活動を継続させる取り組みを行っている。

ここに注目

「日本語サミット」実行委員会には、経済界のトップの人々も多く参加している。多くの国会議員、駐日大使もサポート会員となり、日本と世界の架け橋となる人材育成を行っている。

 「日本語サミット」実行委員会には、経済界のトップの人々も多く参加している。多くの国会議員、駐日大使もサポート会員となり、日本と世界の架け橋となる人材育成を行っている。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年02月 --