ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 生涯学習かに

所在地…〒509-0238 岐阜県可児市大森1363-2フォレスト・パーク3D
TEL…0574-64-4961 FAX…0574-64-4961
E-Mail…ma-eiko@ma.ctk.ne.jp

岐阜県可児市

代表者名…菅原和郎
設立年月…1999年4月 認証年月…2003年6月
有給スタッフ数…常勤0名、非常勤24名
事業規模(09年度決算収入)…1,580,008円
(内訳:会費162,000円、事業収入1,184,850円、助成金(可児市)200,000円、寄付金33,130円、その他28円)

活動の目的・趣旨

 中濃地域及びその周辺の住民が、楽しくより豊かな生活ができるようにするため、生涯学習情報の収集及び提供と学習相談・生涯学習支援事業などの生涯学習推進事業を行い、市民の立場で行動するとともに、行政との協働性を保ちながら地域社会の発展に寄与することを目的とする。

活動の紹介

●生涯学習・地域教育の推進

 2008年に県の「地域づくり型生涯学習モデル事業」に参画したことをきっかけとして、「ふるさと教育」の推進を目的とした各種事業を可児市や岐阜大学等と連携して実施している。
 2010年には可児市の地域づくり型生涯学習推進事業として、身近な地域課題の解決を目指し自己の知識、技術、経験を地域社会に役立て社会生活の充実を求める「地域づくり型生涯学習」を進めるため、可児郡新四国八十八ヶ所めぐり事業に着手し、1.調査・研究、2.案内本の発行、3.イベントを開催した。
 次世代への継承を目指し、子ども向けのテキストを発行。そのテキストを使用して公立小学校において「ふるさと学習」を継続して実施している。
 その他、年10回の生涯学習講座を開催したり、パソコン学習支援やものづくり講座の開催、小学校での地域ふれあいタイムを実施している。学校支援地域本部と連携した活動も行っている。
 また、野外学習、補助教材の作成などを実施。2009年度には全国生涯学習フェスティバルにおいて、事例発表を行った。

ここに注目

行政の他、大学とも連携した事業で地域の生涯学習を推進している。市民講師・市民ボランティアという形で地域と子ども達とのふれあいの場を創造している。「地域の教育力」の向上と子ども達のふるさと意識を高め、豊かな心を育てる一助となることを願い実施している。

 行政の他、大学とも連携した事業で地域の生涯学習を推進している。市民講師・市民ボランティアという形で地域と子ども達とのふれあいの場を創造している。「地域の教育力」の向上と子ども達のふるさと意識を高め、豊かな心を育てる一助となることを願い実施している。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年02月 --