ここからサイトの主なメニューです

事例集の使い方

5巻の全体像

 本事例集では、取り上げた団体を主な活動内容をもとに5巻、取り組んでいる活動の課題を目安に20の項目に分類して掲載した。ただし、NPOが複数の様々な活動に取り組んでいるため、掲載した主な教育関連事業の内容によって分類しており、必ずしも団体の活動全体の分類を表すものではない。
 なお、ヒアリング団体については、主に関連する項目を濃い色のマークに網をかけ、それ以外の関連する項目を薄い色のマークでページ上部に示した。

  項目   掲載団体の主な教育関連事業
Vol1 「まなぶ」―成長と学びを支える 1-1
学校への支援活動
1-1 学校への支援活動 学校への出前授業の実施、教師の支援、教材やプログラムの開発、学校の課外授業や放課後活動の支援、学校へのボランティア等の派遣コーディネート、指導者育成、その他学校への様々な支援活動やコーディネート 等
1-2
地域における学習支援
1-2 地域における学習支援 生涯学習の場の提供、図書館活動、いのちの教育、情報教育、子供の学習支援、地域における子供や大人への学習機会の提供 等
1-3
キャリア教育・職業教育支援
1-3 キャリア教育・職業教育支援 子供や青少年に対するキャリア・職業教育、職業訓練やビジネススクール、キャリア教育プログラムの開発、職業体験やインターンシップの機会の提供やコーディネート 等
1-4
科学技術・ICT教育
1-4 科学技術・ICT教育 科学技術やICTに関する教育、理科・科学教室や講習会の開催、パソコン講習、ICT技術を使用した教育プログラムやシステムの開発、インターネットを使った学習機会の提供、ICT技術を利用した地域ネットワーク 等
Vol2 「はばたく」―社会のなかで学びを支える 2-1
生涯学習関連施設との連携
2-1 生涯学習関連施設との連携 子供への大学レベルの授業の提供、大学と連携した教育支援人材の育成やコンテンツ・プログラムの開発、公民館や動物園事業の運営、生涯学習関連施設と連携した活動 等
2-2
青少年の学校外活動支援
2-2 青少年の学校外活動支援 自然体験活動、放課後プログラム、プレーパークづくり、文化体験活動、農作業体験など地域での様々な体験活動、レクリエーション活動、キャンプ、その他青少年の学校外での活動支援 等
2-3
不登校、ニート・ひきこもりに対する支援
2-3 不登校、ニート・ひきこもりに対する支援 フリースクール、家庭での学習支援、中退予防プログラム、相談対応、セラピー、社会復帰プログラム、ジョブトレーニング、自立支援 等
2-4
子供・大人の居場所づくり
2-4 子ども・大人の居場所づくり 電話相談、カフェ、フリースペース、暴力防止プログラム、居場所や心のより所を提供する活動等
Vol3 「いきる」―共に学び生きる 3-1
家庭教育支援、男女共同参画活動
3-1 家庭教育支援、男女共同参画活動 父親の育児参加促進、地域における子供の見守り、学童保育や放課後の居場所の提供、母親の産前・産後のケア、おもちゃを通じた世代間交流支援、子育て情報の発信等の子育て支援、女性の自立・社会参加支援、男女共同参画の支援、 DV 防止等
3-2
消費者教育
3-2 消費者教育 金銭教育、医療に関する教育、子供向けの消費者教育、食育等
3-3
高齢者支援
3-3 高齢者支援 高齢者向け各種講座、自立支援、居場所づくり、福祉との連携や地域での助け合い、世代間交流 等
3-4
障がい者支援
3-4 障がい者支援 障がい者の自立支援のための教育や研究活動、教材開発、ITを使った支援、働く場の創出、支援者の育成 等
Vol4 「はぐくむ」―豊かな暮らしを支える 4-1
まちづくり
4-1 まちづくり ツーリズム、研修受入れ、コーディネーターや人材養成、ワークショップや勉強会、市民参加事業の企画・運営、文化財・建造物や遺跡等の保存・活用、防災教育、地域の活性化 等
4-2
環境教育
4-2 環境教育 自然体験施設の運営、自然体験教室や環境教室、学校への出前授業、野外調査研究、聞き書き、教員向けプログラム、エコツアー、キャンプ 等
4-3
国際協力、外国人支援
4-3 国際協力、外国人支援 日本語教室、交流活動、ワークショップ、コミュニケーションツールの開発、ワークキャンプ 等
4-4
文化・スポーツ振興
4-4 文化・スポーツ振興 地域の伝統文化や民俗風習の伝承、芸術展示や芸術祭、スポーツ機会の提供、スポーツ施設や芝の整備、アーティストの派遣、アート教室 等
Vol5 「つなぐ」―ネットワークで支える 5-1
中間支援
5-1 中間支援 NPO 経営支援、会計・税務等の支援、人材育成・人材マッチング、起業家スクール、雇用の場創出、地域コーディネート、コミュニティビジネス支援 等
5-2
ネットワーク形成
5-2 ネットワーク形成 地域・情報・人材のネットワーク形成、企業とのパートナーシップ、ネットワークによるコミュニティづくり、ボランティアセンターのネットワーク 等
5-3
地域支援人材の育成
5-3 地域支援人材の育成 ボランティア体験、ボランティアコーディネート、ボランティア講座やワークショップ、起業家育成、ボランティア情報の提供、交流会 等
5-4
助成
5-4 助成 子供向け活動を支援するファンド、日本に寄附文化を根付かせる活動 等

●掲載団体一覧、索引について

  • 各巻とも、全5巻の掲載団体一覧及び索引を巻末に掲載した。
  • 索引には、5巻すべての掲載団体を五十音順に掲載し、掲載巻と分野を「vol1-1」のように示した。
  • 索引のうち、団体名が色文字の団体は、ヒアリングを実施した団体を表す。

●記述について

  • 団体名:原則として定款記載の名称とした。ただし、適宜、略称、英文名等を併記した。
  • 特定非営利活動法人は特定非営利活動法人、また、株式会社、財団法人、社団法人は、それぞれ株式会社、財団法人、社団法人

と略した。
 なお、文中では、「特定非営利活動法人」「NPO法人」の両方の表記を使用している。また、「認定特定非営利活動法人」については、「認定NPO法人」と表記している。

  • 09年度決算収入:原則として繰越金や他会計からの繰入金を除いた収入額とした。
  • 設立年月:認証より前に任意団体として設立された場合は、その年月を示す。
  • 有給スタッフ数:雇用関係にあるスタッフの人数とし、有償ボランティア等は除く。
  • 認証日、認証年月:内閣府と都道府県など複数の認証を得ている場合、最初に認証を得た日とした。

(注)

  • 認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)
     租税特別措置法第66条の11の2に基づき、一定の要件を満たすものとして国税庁長官の認定を受けた特定非営利活動法人をいう。法人に対して行った寄附を寄附金控除等の対象とする税制上の特例措置が講じられる。

お問合せ先

総合教育政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(総合教育政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年02月 --