ここからサイトの主なメニューです

Q&A(学校設置者・学校関係者の皆様へ)

①学校における感染症対策に関すること

問1 学校においてマスクが足りない場合、どのように対応すればよいか。

○ マスクについては、関係省庁と連携し4月中旬から小中学校等の児童生徒及び教職員分の布マスクの配布を行っています。

○ また、全国の各学校に対して順次配布を行っておりますが、学校に届いたマスクについて数量が不足する、または10枚以上の余剰がある場合には専用の電話相談窓口(0120-603-100)へご連絡ください。

○ マスクが足りない場合は、引き続き家庭等で作成された手作りマスク等の活用をお願いしています。

○ 引き続き関係省庁と連携して、学校に対するマスクの供給確保に取り組んでまいります。

○ なお、手作りマスクの作成方法については、子どもの学び応援サイト等を参考にしていただければと考えております。

担当:初等中等教育局健康教育・食育課(内2976)

問2 スクールバスの運行に際してどのような点に留意すべきか。また、スクールバスの運行に当たって国からの支援はあるのか。

○ スクールバスにおいても3つの条件(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声)が同時に重ならないようにすることはもちろんのこと、可能な範囲において、1つ1つの条件が発生しないよう配慮することが望ましいと考えます。

○ 具体的には、
・利用者の状況に配慮しつつ、定期的に窓を開け換気を行うこと
・乗車前に検温し、発熱が認められる者は乗車を見合わせること
・可能な範囲で運行方法の工夫等により、過密乗車を避けること
・利用者の座席を離し、それが難しい場合は、会話を控えることやマスクの着用について指導すること
・利用者に手洗いや咳エチケット等を徹底すること
・多くの利用者が触れるドアノブ等を消毒すること
等が考えられます。

○ スクールバスの利用や契約の状況等を踏まえ、スクールバスの運行に関するルールや留意点を予め利用者や保護者に示しておくことが望ましいと考えます。

○ また、学校設置者による特別支援学校のスクールバスでの感染リスクの低減を図る取組(スクールバスの増便による1台に乗車する幼児児童生徒の少人数化等)に要する経費の支援を行います。
  ※特別支援学校を設置する地方公共団体、学校法人 2分の1の国庫補助
   特別支援学校を設置する国立大学法人    10分の10の国庫補助

担当:総合教育政策局教育人材政策課(内3498)
初等中等教育局特別支援教育課(内3193)
初等中等教育局健康教育・食育課(内2976)
高等教育局私学助成課(内2547)

問3 児童生徒等の定期の健康診断はどのように実施すればよいか。

○ 令和2年3月19日付けの事務連絡において、毎学年6月30日までに実施することとされている児童生徒等の健康診断については、新型コロナウイルス感染症の影響により実施体制が整わない等、やむを得ない事由によって当該期日までに健康診断を実施することができない場合には、当該年度末日までの間に、可能な限りすみやかに実施することとしたところです。

○ 「実施体制が整わない」とは、例えば、学校医・学校歯科医等の確保が困難であることなどが考えられます。

○ 健康診断を延期する場合は、特に、日常的な健康観察や保健調査票の活用等により児童生徒等の健康状態の把握に努め、必要に応じて、学校医等と連携し、健康相談や保健指導等を適切に実施してください。
  さらに、健康診断の延期について保護者に周知し、理解を得るようにしてください。
  また、特に、心臓や腎臓等の疾患や結核に関する検査については、学校医等と相談の上、可能な範囲で先行して実施する方法も考えられます。

○ 健康診断を実施する場合は、3つの条件(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声)が同時に重ならないよう、
 例えば、
 ・児童生徒等及び健康診断に関わる教職員については、事前の手洗いや咳エチケット等に努めること
 ・部屋の適切な換気に努めること
 ・密集しないよう、部屋には一度に多くの人数を入れないようにすること
 ・会話や発声をできる限り控えるよう児童生徒等に指導すること
等の工夫が考えられるほか、検査に必要な器具等を適切に消毒してください。(日本学校保健会「児童生徒等の健康診断マニュアル」参照)
 また、日程を分けて実施する等、学校の実情に応じて実施してください。

○ 健康診断の実施時期の判断や実施の方法等については、学校医、学校歯科医、関係機関等と十分連携し、共通理解を図っておくことが重要です。

担当:初等中等教育局健康教育・食育課(内2918)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。