スポーツによる地域・経済の活性化

地域スポーツコミッションの活動支援

 スポーツと,景観・環境・文化などの地域資源を掛け合わせ,戦略的に活用することで,まちづくりや地域活性化につなげる取組が全国で進められています。例えば,スポーツへの参加や観戦を目的とした旅行や,スポーツと観光を組み合わせた取組である「スポーツツーリズム」,域外から参加者を呼び込む「地域スポーツ大会・イベントの開催」, 国内外の大規模な「スポーツ大会の誘致」,プロチームや大学などの「スポーツ合宿・キャンプの誘致」などが,代表的な取組です。
各地でこれらの取組を推進しているのが,地方公共団体とスポーツ団体,観光産業などの民間企業が一体となって組織された「地域スポーツコミッション」です。スポーツを通じた地域振興の,まさに中心的存在として活動しています。
スポーツ庁では平成27年度より,このようなスポーツコミッションの活動を支援する事業を実施しており、スポーツ庁の調査では、2017年9月段階で、全国に83の地域スポーツコミッションの存在が確認できています。第2期スポーツ基本計画では、2021年度末までに、全国の地域スポーツコミッションの設置数を170にまで拡大することを目標として掲げています。

■全国の地域スポーツコミッション所在状況(2018年10月段階)

■スポーツによるまちづくり・地域活性化活動支援事業

お問合せ先

スポーツ庁参事官(地域振興担当)付

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ庁参事官(地域振興担当)付)

-- 登録:平成28年06月 --