国際交流・国際協力

スポーツSDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

スポーツ庁は、このSDGsの達成にスポーツで貢献していきます。スポーツの持つ、人々を集める力や人々を巻き込む力を使って、SDGsの認知度向上、ひいては、社会におけるスポーツの価値のさらなる向上に取り組みます。「スポーツSDGs」の趣旨に御賛同いただける企業やスポーツ団体等とも連携し、より大きなムーブメントにしていきたいと思っております。スポーツの力を活用したSDGsの達成に取り組んでいただき、共通のハッシュタグ「#SportsSDGs」を付けて、「スポーツSDGs宣言」として、その内容をぜひSNS等で発信してください。 

スポーツSDGs


「Our Global Goals」について

スポーツ庁とビル&メリンダ・ゲイツ財団は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への気運の高まりに合わせて、SDGsへの関心を高めるため、スポーツSDGsの一環として、パートナーシップを締結いたしました。ビル&メリンダ・ゲイツ財団が行う「Our Global Goals」について、スポーツSDGsの一つとして広報を行い、スポーツSDGsムーブメントの高まりに繋げてまいります。

詳細は、こちらのOur Global Goalsのサイトをご覧ください。

Our Global Goals 私たちは、世界を変えるチームメイトだ。(※外部のウェブサイトへリンク)

開発と平和のためのスポーツの国際デー     

4月6日は国連が定める「開発と平和のためのスポーツの国際デー」です。
平成30年度は、国連広報センターととともに、鈴木スポーツ庁長官をはじめ、平昌パラリンピックメダリストや室伏広治氏らアスリートや著名なタレントなどの皆様と一緒に、スポーツの力及びSDGs達成へのスポーツによる貢献を動画メッセージで配信いたしました。

詳細は、こちらの国連広報センターのサイトをご覧ください。

平昌パラ メダリストや室伏 広治氏らアスリートたちが 国連ビデオキャンペーンに スポーツの力で平和とSDGs(エス・ディー・ジーズ)をアピール(※外部のウェブサイトへリンク)

関西SDGsフォーラム

平成30年10月16日(火曜日)、鈴木スポーツ庁長官は大阪市で開催された関西SDGsフォーラムで基調講演を行いました。
「スポーツを通じた社会貢献~SDGsでひらく日本~」と題し、スポーツの持つ、人々を巻き込む力や人を集める力を活用し、SDGs の認知度を上げ、自分事として捉えてもらうことでSDGsの達成に貢献していくことについて、自身の体験談も交えながら講演いたしました。

詳細は、こちらの関西SDGsプラットフォームのサイトをご覧ください。

【10月16日(火)】関西SDGsフォーラム「健やかな未来を創る関西からのアクション」(※外部のウェブサイトへリンク)

スポーツ庁facebookにおける発信 

開発と平和のためのスポーツの国際デー 鈴木長官メッセージ(平成29年度)

開発と平和のためのスポーツの国際デー 鈴木長官メッセージ(平成30年度)

スポーツSDGs「パス・イット・バック」

関西SDGsフォーラム

日本政府としての取組

持続可能な開発目標(SDGs)推進本部

JAPAN SDGs Action Platform

ガイドライン

ロゴ使用のためのガイドライン    


スポーツ庁は、SDGsの推進を応援しています。

お問合せ先

スポーツ庁国際課

(スポーツ庁国際課)

-- 登録:平成30年11月 --