国際競技力の向上

トップアスリートの強化活動の充実

競技力向上事業

2020年東京大会における日本代表選手のメダル獲得に向けて,様々な選手強化活動を包括的,戦略的に実施していくことが重要となります。このため,平成27年度から各競技団体が行う選手強化活動に必要な経費を配分する「競技力向上事業」を実施しています。

競技力向上事業
※最下部にPDFでも添付しています。

本事業は,これまで日本オリンピック委員会補助金や日本スポーツ振興センター(JSC)のスポーツ振興基金助成など様々な事業によって支援が行われていた競技団体向け選手強化費について,JSCに資金を一元化し,国において,公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)等の関係団体の知見を活用しながら,戦略性をもった強化・配分方針を策定するとともに,JSC が国の方針に基づき,競技団体への選手強化費の配分及び事業評価等を行うことにより,PDCA サイクルを強化することで,従来より効果的な選手強化に取り組んでいます。各競技団体は,選手強化費の配分を受けて,日本代表チームの強化合宿の実施や国際大会への派遣,ナショナルコーチの設置等を行います。

JSCと連携する地域のタレント発掘・育成事業

現時点のトップアスリートへの支援のみならず,将来のトップアスリートとして活躍が期待される競技者の発掘・育成も重要です。2020年東京大会で活躍が期待される若い世代の競技者に対して,将来メダル獲得の可能性のある競技種目をターゲットとして,集中的な育成・強化を行うとともに,全国各地の才能を有するタレントを効果的に発掘・育成し,タレントからメダルポテンシャルアスリート(メダル獲得の潜在力を有するアスリート)まで確実に発掘・育成・強化する体制の整備を目指しています。JSCと連携する地域のタレント発掘・育成事業
※最下部にPDFでも添付しています。

ハイパフォーマンスサポート事業

メダルの獲得が期待される競技をターゲットとして,多方面から専門的かつ高度な支援を戦略的・包括的に行う「ハイパフォーマンスサポート事業」を実施しています。具体的には,(1)強化合宿や競技大会における動作分析,ゲーム分析,情報収集,栄養サポート,コンディショニングサポート,心理サポートなど,各分野の専門スタッフによる,スポーツ医・科学,情報等を活用したアスリート支援,(2)競技用具や日本人の弱点を強化するための専用トレーニング器具,コンディショニング・疲労回復方法など,我が国の科学技術を生かした研究開発,(3)オリンピック・パラリンピック競技大会等における競技直前の準備のためにアスリート,コーチ等が必要な機能を選択できる拠点であるハイパフォーマンスサポート・センターの設置を行っています。

ハイパフォーマンスサポート事業
※最下部にPDFでも添付しています。


アスリート支援(レース映像の撮影及び分析サポート) 写真提供:JSC


用器具及び競技に関する研究開発(体幹トレーニングマシン) 写真提供:筑波大学

お問合せ先

スポーツ庁競技スポーツ課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ庁競技スポーツ課)

-- 登録:平成28年06月 --