武道・ダンス必修化:スポーツ庁

学校体育・運動部活動

武道・ダンス必修化

文部科学省では,平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し,新学習指導要領では中学校保健体育において,武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。
 武道は,武技,武術などから発生した我が国固有の文化であり,相手の動きに応じて,基本動作や基本となる技を身に付け,相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって,勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。また,武道に積極的に取り組むことを通して,武道の伝統的な考え方を理解し,相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。
ダンスは,「創作ダンス」,「フォークダンス」,「現代的なリズムのダンス」で構成され,イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で,仲間とともに感じを込めて踊ったり,イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。

お問合せ先

スポーツ庁政策課学校体育室

(スポーツ庁政策課学校体育室)

-- 登録:平成28年06月 --