制度・予算等

スポーツ振興くじの経緯

平成4年(1992年)

財団法人日本体育協会,財団法人日本オリンピック委員会から各政党及びスポーツ議員連盟等に要望書提出(1月)

平成10年(1998年)

スポーツ振興投票の実施等に関する法律公布(5月)
スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び関係省令施行(11月)

平成11年(1999年)

大和銀行(現:りそな銀行)を第一期(2001年〜2005年までの5年間)委託金融機関として決定(8月)

平成12年(2000年)

文部大臣が社団法人日本プロサッカーリーグをスポーツ振興投票対象試合開催機構として指定(3月)
スポーツ振興くじの愛称toto(トト)及びロゴデザイン決定(4月)
文部省が「スポーツ振興基本計画」を策定(9月)
静岡地域限定販売(テスト販売2回)(10〜11月)

平成13年(2001年)

全国販売開始(3月)
文部科学大臣がスポーツ振興くじの収益による助成の基本方針を決定(11月)

平成14年度(2002年)

投票方法変更(延長Vゴール方式から90分方式)(2月)
助成事業を開始(4月)

平成15年(2003年)

5試合(10チーム)の得点を予想する「totoGOAL」スタート(3月)
コンビニエンスストアでの会員限定販売を開始(8月)
独立行政法人日本スポーツ振興センター設立(日本体育・学校健康センターから移行)(10月)

平成16年(2004年)

最高当せん金の引き上げ(1億円から2億円 ※キャリーオーバー発生時)(3月)
第二期(2006年〜2012年までの7年間)の運営業務をセンターの直接運営方式で行うことを決定(12月)

平成17年(2005年)

3試合(6チーム)の得点を予想する「totoGOAL3」スタート(5月)
インターネットでの販売を開始(8月)

平成18年(2006年)

第二期センター直接運営方式による販売開始
指定試合当日まで販売期間を延長
5試合の試合結果を予想する「mini toto」スタート(2月)
コンビニエンスストアでの一般販売を開始(3月)
予想をせず簡単に購入できる新しい購入方法「楽当」スタート(7月)
14試合の試合結果を対象とした,予想のいらない最高当せん金6億円のくじ「BIG」(1口300円で販売)スタート(※キャリーオーバー発生時)(9月)

平成19年(2007年)

9試合の試合結果を対象とした,予想のいらないくじ「mini BIG」(1口200円で販売)スタート(2月)

平成20年(2008年)

11試合の試合結果を対象とした,予想のいらないくじ「BIG1000」(1口200円で販売)スタート(2月)

平成21年(2009年)

一部コンビニエンスストアでの払戻し(1万円未満)を開始(9月)

平成22年(2010年)

予想のいらない最高当せん金6億円のくじ「BIG」に5等を追加(2月)

平成25年(2013年)

第三期(センター直接運営方式を継続・2013~2017年までの5年間)スタート(2月)
独立行政法人日本スポーツ振興センター法,スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び関係政省令の一部改正(10月)
最高当せん金10億円の「BIG」スタート(特別開催回のみ)(11月)
海外のサッカーを対象とした「BIG」「BIG1000」「mini BIG」スタート(11月)

平成26年(2014年)

ワールドカップの試合を対象とした「BIG」「BIG1000」「mini BIG」「toto」「mini toto」「totoGOAL3」販売(5月)

平成27年(2015年)

toto最高当せん金の引き上げ(2億円→5億円 ※キャリーオーバー発生時)(2月)
海外のサッカーを対象とした「toto」「mini toto」「totoGOAL3」スタート(11月)

平成28年(2016年)

14試合の試合結果を対象とした,予想のいらないくじ「100円BIG」スタート(4月)
独立行政法人日本スポーツ振興センター法,スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び関係政省令の一部改正(5月)

お問合せ先

スポーツ庁政策課

(スポーツ庁政策課)

-- 登録:平成29年01月 --