スポーツを通じた女性の活躍促進について

平成30年11月7日

 「第2期スポーツ基本計画」(平成29年3月24日文部科学大臣決定)では、スポーツを通じた女性の活躍促進を重要な施策の柱の一つとして位置付け、具体的施策を明記しています。
 スポーツ庁では「スポーツを通じた女性の活躍促進会議」(座長:山口香 日本オリンピック委員会理事)を設置し、これらの施策の着実な実施に向けて検討を行ってきたところ、当会議におけるご意見を踏まえ、当面取り組むべき方策を「女性スポーツの促進方策」として取りまとめました。併せて、現在、スポーツを通じた女性の活躍促進に資する取り組みとして、スポーツ庁が取り組んでいる施策についてもまとめましたので、お知らせいたします。

1.「女性スポーツの促進方策」の取りまとめ

 女性のスポーツ実施率は男性に比べて低く、中学生の女子の約20%が「スポーツが嫌い」「やや嫌い」と答えるなど、運動習慣の二極化が見られます。また、20代~40代の女性のスポーツ実施率は特に低く、スポーツ指導者やスポーツ団体における女性役員の割合も低い水準にとどまっています。
このため、スポーツの様々な側面で女性の活躍や女性の参画の拡大が期待されています。
 「女性スポーツの促進方策」においては、
 ・世代ごとのスポーツ実施率の向上
 ・団体の女性役員の増加
 ・女性指導者の育成
を取組の柱として、平成30年度事業の具体化、平成31年度予算の方向性を中心に当面取り組むべき方策を取りまとめました。
女性スポーツ促進方策

2.スポーツ庁が取り組んでいる施策

 これまでに、スポーツを通じた女性の活躍促進に資するものとして、スポーツ庁が取り組んでいる施策、調査結果等については、以下の通りです。

<スポーツ実施率の向上について>

1 スポーツを通じた女性の活躍促進のための現状把握調査(平成29年度)
 平成29年度に実施した、女性のスポーツ実施率向上策を検討する上で必要となる現状と課題の分析です。具体的には、スポーツの実施を左右する様々な要因の中で、特に女性のスポーツ実施に大きな影響を与えている要因を分析するために女性を対象としたアンケート調査を実施し、その結果をまとめました。
スポーツを通じた女性の活躍促進のための現状把握調査報告書(平成29年度)
2 体力・運動能力調査(平成29年度)
 スポーツ庁が毎年実施している調査です。平成29年度調査は、新体力テストとして第1回目を平成10年度に実施してから20回目の調査となりました。毎年度の調査結果は翌年10月(平成29年度の調査結果は本年10月7日)に発表しています。平成29年度の調査結果の分析においては、中学生から40歳代の女子の運動実施率が低下していることについて取り上げています。
平成29年度体力・運動能力調査の結果について
3 FUN+WALK PROJECT
 特にスポーツ実施率の低いビジネスパーソンを中心として、普段の生活から気軽に取り入れることのできる「歩く」に着目したプロジェクトです。通勤時間や休憩時間、昼休み等の隙間時間を活用してスポーツのきっかけづくりを図る「歩きやすい服装」などを推進しています。また、本年10月を「FUN+WALK月間」として設定し、EXILE ÜSA氏、EXILE TETSUYA氏をアンバサダーに任命しています。
FUN+WALK PROJECT(※外部のウェブサイトへリンク)
4 【参考】スマート・ライフ・プロジェクト「ナイトヨガ体験」(厚生労働省主催)
 スポーツ庁ではスポーツを通じた健康増進のため、厚生労働省との連携会議を立ち上げるなど、両省の協力関係をさらに強化するべく取り組んでいます。本年9月には、厚生労働省がスマート・ライフ・プロジェクトの中で実施した神宮球場でのナイトヨガ体験に鈴木大地スポーツ庁長官も参加し、若年層の女性にも人気のあるヨガを気軽に体験し、スポーツのきっかけづくりにつなげていただくことをPRしました。
健康増進普及月間 - スマート・ライフ・プロジェクト(※外部のウェブサイトへリンク)


<団体の女性役員の増加>

1女性役員育成のモデル研修(女性役員育成事業)
 スポーツ庁では、平成30年度の委託事業として女性役員候補・女性役員を対象に、スポーツ団体の役員となるために必要な専門知識の研修プログラムを開発、モデル研修を実施し、参加者のネットワーク構築を支援するとともに、スポーツ団体に女性役員を紹介するための候補者リスト作成・人材バンク構築の検討を行う事業を実施しています。
9月11日~13日には、女性役員候補にスポーツ団体運営に必要な知識やスキルを身に着けていただくための研修をトライアルで実施しました。
女性コーチアカデミー2018(※外部のウェブサイトへリンク)


<国際関係>

1 日ASEANスポーツ大臣会合に基づく女性スポーツ分野での協力
 2017年10月にミャンマーで開催された第1回日ASEANスポーツ大臣会合において、日本とASEANが協力を進める4つの優先分野が合意され、その1つの「女性スポーツ」分野における協力プロジェクトの実現に向けて積極的に取り組んでいます。具体的には、第18回アジア競技大会の機会を捉え「女性スポーツ関係者による対話会議」を開催して議論を深め、2018年10月にミャンマーで開催された「第一回日ASEANスポーツ高級実務者会議」において、ASEANにおける「女性スポーツ」事業の具体化のための提案を行いました。
2 【参考】ブライトン・プラス・ヘルシンキ2014宣言への署名、IWG国際会議への出席
 日本のスポーツ界が女性スポーツの振興に取り組んでいく決意を示すため、スポーツ関係団体とともに、国際的な女性スポーツ発展のための戦略として「国際女性スポーツワーキンググループ(International Working Group on Women and Sports 通称:IWG)」が策定している「ブライトン・プラス・ヘルシンキ2014宣言」に、署名しました。また、2018年5月にボツワナで開催された世界女性スポーツ会議にて、日本国政府が行うものとして初めてであるだけでなく、講演者の中でも唯一のアジアからの基調講演を、鈴木大地スポーツ庁長官が行いました。
ブライトン・プラス・ヘルシンキ2014宣言(※PDF)
第7回世界女性スポーツ会議 出張 報告(※PDF)




お問合せ先

スポーツ庁健康スポーツ課

(スポーツ庁健康スポーツ課)

-- 登録:平成30年11月 --